• 0
観光街道を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
民主主義の道 ─ 自由を求める運動の軌跡を辿って

民主主義の道 ─ 自由を求める運動の軌跡を辿って

民主主義の道は、ドイツが現在の国家形態に至るまでの歴史的な道のりを、500キロメートル以上にわたって辿る、ドイツ西南部の文化体験街道です。フランクフルト・アム・マインとバーゼル近郊レラッハの間で、自由を追求する運動の足跡 ─ フランス革命から3月革命前夜 (1815~1848年) を経て現在まで ─ を、具体的に確認できます。

ドイツにおける民主主義は、その始まりとされる1848/49年以来、決して平坦な道を歩んできたわけではありません。民主主義の道を特徴づけているのは、何らかの関係がある場所ではなく、ドイツの民主主義における揺籃の地です。ドイツ西南部で始まった運動は、20世紀に入ってドイツ連邦共和国基本法が採択され、ようやく完結しました。

決して平坦な道ではありませんでした

それは、障害物や断絶を伴う道であり、ドイツにおける初期の民主主義者たちには、苦い経験も満足感に浸る瞬間もあったのです。ドイツ民主主義との関連で人々の記憶に残る出来事としては、女性も多数招待されたハムバッハ大会 (1832年5月) やバーデン憲法、フランクフルトのパウルス教会で開催された国民議会が挙げられるでしょうし、マインツのユンゲラー・ダールベルガー・ホーフは、1850年の大逆罪裁判の “現場” となった場所であり、それ以上の存在でもありました。さらに、フリードリヒ・ヘッカーやグスタフ・シュトルーヴェ、カール・ドライス、フランツ・ジーゲル、フィリップ・J・ジーベンプファイファーといった憲法の擁護者たちが、生命を賭して闘ったのです。

歴史的事件の現場と記念館、ミュージアム

民主主義の道を進むと、ドイツにおける民主主義のルーツへと旅することになります。スリリングなエピソードや傑出した人物、分岐点となった場所を発見して、感動的な物語や革命の歌を耳にし、ドイツと民主主義、自由への困難な道のりについて学ぶことになるのです。

食事と飲物、民主主義的な思想

当時の革命家たちも、美味しいワインや喉越しの良いビール、地元で評判の料理を諦めることができず、自分たちで調達していました。この結果、食堂や宿泊所が ─ 今日もそうであるように ─ 彼らのお気に入りの集会所になったのです。

民主主義の道

全長:約550 km

テーマ:ドイツにおける民主主義の歴史と自由

見どころ:
フランクフルト: パウルス教会
カールスルーエ: 民主主義の歴史、連邦裁判所
レラッハ: 国境都市、3国博物館
マンハイム: 宮殿、労働者による民主主義運動の発祥地
ノイシュタット/ワイン街道: 宮殿、ハムバッハ大会
オッフェンブルク: オッフェンブルク=ザルメン地区ガイドツアー
フィリップスブルク: 歴史的レストラン「ツム・ヴァインベルク」と「ツム・アインホルン」
ラシュタット: 連邦要塞、宮殿、記念碑
ジンスハイム: フランツ・ジーゲルの出生地、歴史的な レストラン「ツム・シュヴァルツェン・ベーレン」、博物館

www.strasse-der-demokratie.eu

イベント

Most of Frankfurt's museums can be found in close succession along the southern banks of the river Main.

With views of Frankfurt's famous skyline, this is a wonderful place for a stroll – and for a festival. The Museum Embankment Festival attracts around three million visitors every year with its winning combination of art, culture, music and cuisine. Exceptional programmes at the city's museums, live entertainment on stage, and arts and crafts make this event one of the largest festivals of culture in Europe.

開催予定:

24.08.2018 - 26.08.2018

開催地

Museumsufer
Metzlerpark
60594 Frankfurt am Main

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。
The Dippe Fair Frankfurt can look back onto a tradition that goes all the way back to the 14th century. Back then, it was called the “Maamess” and was a medieval market for household goods. Nowadays, the Dippe Fair Frankfurt is the biggest folk festival and takes place twice a year - once in the spring around Easter and once in the autumn at the end of September - on the festival square by the Ratsweg near the East park.

開催予定:

07.09.2018 - 16.09.2018

開催地

Festplatz am Ratsweg
Am Bornheimer Hang 4
60386 Frankfurt am Main

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

The Städel Museum in Frankfurt, also known as the Städel Institute of Art and Municipal Gallery, is one of the leading art museums in Germany. It was founded in 1816 by the great patron of the arts from Frankfurt Johann Friedrich Städel and the collection has been housed in its current location since 1878. The Städel Museum is one of the main attractions along Frankfurt's 'museum embankment'. The breadth and wealth of museums and galleries overlooking the banks of the Main here are unique in Germany.

With over 2,900 paintings and around 100,000 drawings and prints, the collection gives a comprehensive insight into more than 700 years of European art history – from the Middle Ages, the Renaissance, the baroque era and Classical Modernism right through to the present day. Among the highlights are works by Lucas Cranach, Albrecht Dürer, Sandro Botticelli, Rembrandt, Jan Vermeer, Claude Monet, Pablo Picasso, Ernst Ludwig Kirchner and Max Beckmann. The collection also includes works by prominent post-1945 artists such as Francis Bacon, Georg Baselitz, Jörg Immendorff, Martin Kippenberger, Anselm Kiefer, Gerhard Richter and Sigmar Polke. Worthy of special mention are Andy Warhol's screen-print series 'Goethe', a donation by the artist to the Städel Museum, and 'Goethe in the Campagna' by Johann Heinrich Wilhelm Tischbein. Since 1976 the fascinating sculpture garden has displayed mainly contemporary works, including pieces by Joseph Beuys, Ulrich Rückriem, Richard Serra, Anthony Caro, George Rickey and David Smith.

開催予定:

01.03.2019

30.10.2019 - 16.02.2020

開催地

Städel Museum
Dürerstraße 2
60596 Frankfurt am Main

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す