観光街道を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ガラス街道 ─ 魅了するような製品、煌めくクリスタルの世界

ガラス街道 ─ 魅了するような製品、煌めくクリスタルの世界

ガラス街道で、様々なガラス製品を、その歴史的なルーツやインターナショナルな雰囲気を含めて体験してください。オーバープファルツ地方にある修道院の町ヴァルトザッセンから、ドナウ河畔のパッサウ・ガラス博物館 ─ 様々な時代のガラス製品1万5千点を所蔵 ─ まで続く、全長約250キロメートルのルートです。多くの人が “豪華絢爛な街道” と感じるでしょうし、ガラス製品を愛する人々が長い間夢見てきたものを理解できるようになります。

ガラスの世界は、不思議な力と秘密、魅惑に満ちています。まるで光だけでできているような物質が、どのようにして炎と土から生まれるのか、知っているのはガラス職人だけのような気がします。ガラス製造という古い手工業に、この地域ほど創造性をもって取り組んでいるところは、今日では僅かしか残っていません。その “光と魔法の世界” の入口になっているのがバイエルン州東部、すなわちガラス街道なのです!

ここでは、穴場さえも “ハイライト” に。

ガラス街道では、ガラス製品がパフォーマンスを繰り広げます。その際、ガラス工房を訪問するのは “熱い体験” になることでしょう。ケイ砂や炭酸ナトリウム、炭酸カルシウムから、クリスタルガラス特有の美しさと魅力を引き出すためには、1500度 (!) に熱さなければならないからです。街道沿いにある工房のいくつかでは、職人たちが製作した多数の商品の他に、特別な “一点もの” をスーベニアとして入手できます:自身の手による芸術作品です。いわゆる「吹きガラス」の工程では、専門家の指導を受けながら、自分の手と口を工具に添えて、ガラスを成形することになります。その結果は、ガラス街道での「いい思い出」です。

ピュアな自然と類い稀な原生林

バイエルンの森国立公園とオーバープファルツの森、ガラスという “三連星” は、目の保養以外の何ものでもありません!ガラスというスターに、バイエルンの森とオーバープファルツの森が拍手を送っているような演出に見えますが、あるいは逆かも知れません。波打つような森の、濃い緑の中に陽が沈むと、空は ─ バイエルンの州旗さながらに ─ 白と青をまとった姿で現れ、湖と小川は透明な輝きを発しながら水浴に誘い、ラッヘルやルーゼン、ドライゼッセルといった山々が、バイエルンの森から頂を覗かせて、世界最長の樹冠小道が、息をのむような眺めを提供する……自然と対話し、精神を解放したい人々にぴったりの “穴場” といえるでしょう。

高価なインテリア

そしてオーバープファルツの森には、地球上で最も深い穴やヨーロッパで最も美しい玄武岩球など、いろいろ特別なものがあります。ルートを辿りながら、ガラス製品や陶磁器をショッピングするのも楽しいものですし、とりわけ工場の直売店などで掘り出し物を見つけたときには、最高の気分になるでしょう。エレガントな置物として卓上に、オブジェとして壁に掛けて ─ ガラス製品は絵画にも引けをとらないインテリアなのです。

ガラス街道

全長:約250 km

テーマ:自然、文化、ガラス工芸、ガラス手工業

見どころ:
アルラッハ: ネイチャー・アート・パーク、手工業博物館
ボーデンマイス: ヨスカ体験ワールド&ガラス工房、見学用銀鉱山
フラウエナウ: ガラスの庭園、ガラス博物館、飲用水貯水場
ノイシュタット/ヴァルトナープ: 欧州クリスタルガラス・センター
パッサウ: クリスタル船、ガラス博物館
レーゲン: ガラスの森、ヴァイセンシュタイン城
ティットリング: バイエルンの森ミュージアム村
フィーヒタッハ: ガラスの納屋
ヴァルトザッセン: シトー会修道院、バシリカ、巡礼路
ツヴィーゼル: クリスタル・ピラミッド、蒸気ビール醸造所

www.dieglasstrasse.de