観光街道を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ヴィア・サクラ ─ 宗教的な財宝が残る、巡礼と交易の道

ヴィア・サクラ ─ 宗教的な財宝が残る、巡礼と交易の道

全長550キロメートル余りの「聖なる道」 ─ ヴィア・サクラは、数世紀もの歴史をもつ巡礼と交易の道で、ドイツとポーランド、チェコの3か国国境地帯を通っています。そして、神聖な場所とヨーロッパ・レベルの美術工芸品を結んでいるのです。

ヴィア・サクラは、ヨーロッパの古い文化地域を通る、まだ新しい観光街道です。ここでは、ヨーロッパ・レベルの教会建築と宝物、修道院、美術品、聖者伝、出来事、偉人などが、人々を招いています。また、単なる観光ルートではなく、巡礼路や出会いの場とも理解されています。

街道の性格を物語るネーミング

ヨーロッパの心臓部にあたるオーバーラウジッツ地方とニーダーシュレージエン (低地シレジア) 地方、ボヘミア地方北部を通るヴィア・サクラで、タイムトラベルを体験して、文化と信仰の歴史を呼吸し、古の傑作に感銘を受けてください。ルートは、2つの周回コース ─ ザクセン地方を回るものとシュレージエン&ボヘミア地方を回るもの ─ で構成されており、順に辿ることも、中心部に滞在拠点を置いて、往復を繰り返すことも可能です。

身近なことや精神的なことを、新たに発見

20近いスポットが、内省へと招きます。そして、宗教的な “財宝” が、類い稀な形で結ばれているのです。たとえば、中世後期のものとされる “ツィッタウの四旬節聖布” も、その中に含まれます。印象的な教会と古く厳かな修道院は、今日においても内省を促す場所ですが、その代表的な例としてクーネヴァルデの村教会が挙げられます。2632以上の席を擁する、プロテスタント派のものとしてはドイツ最大の村教会です。礼拝堂その他の宗教施設も、訪れる者を信仰の世界へと導いています。

発見し、感嘆し、回想する

ヴィア・サクラは、驚くような発見を伴う静かな冒険や感動的な体験、心穏やかな安息を約束します。時間を超越した旅に赴いてください。いくつかの場所には、特別な精神 ─ 守護神のようなもの ─ が宿っているような気さえします。巡礼者の後を追うようにヴィア・サクラを進めば、ドレスデンの先でドイツが終わるわけではなく、ましてやヨーロッパが終わるわけでもないことが、よく分かるはずです。

ヴィア・サクラ

全長:約550 km (ドイツ国内)

テーマ:国境のない旅、宗教芸術、文化

見どころ:
バウツェン: 大聖堂、城
クーネヴァルデ: 村教会
ゲルリッツ: 聖墳墓
オストリッツ: シトー会マリエンタール女子修道院
オイビン: 修道院址、野外博物館、城址
パンシュヴィッツ=クッカウ: シトー会マリエンシュテルン修道院
聖ペーター&パウル教会
ツィッタウ: 四旬節聖布、フライシャー砦

www.oberlausitz.com

www.via-sacra.info

イベント

How did the inhabitants of Zittau experience the century of the Reformation? What did they believe? What did their world look like? The numerous epitaphs from Zittau's churches that have survived provide surprisingly multifaceted information in answer to these questions. They have recently been restored and are now focal points of the major Zittau exhibition on the Reformation in Upper Lusatia. In addition to the two lenten veils of 1472 and 1573, the epitaph exhibition is a further highlight among Zittau's valuable cultural treasures which draw interest near and far.

One point of note in Zittau is the extremely rich and newly-restored collection of epitaphs dating from the 16th and 17th centuries. Epitaphs were commissioned by individuals and families in order to perpetuate their memory for posterity. Most of them are very artistically designed and consist of an inscription and a drawing or image, often depicting the family. The epitaphs afford a very impressive glimpse into the way people lived at the time of the Reformation; they testify in an intimate and moving way to belief and hope, to fate and to the hardships people of that time faced. While in many cities none or only very few of these memorials have been preserved, in Zittau over 80 of these works of art are still in existence today. This valuable epitaph collection is being presented in the Franciscan monastery Church of St. Peter and Paul, which has been restored for this purpose.

Further information: www.museum-zittau.de

開催予定:

30.07.2017 - 07.01.2018

開催地

Kulturhistorisches Museum Franziskanerkloster - Kleines Zittauer Fastentuch
Klosterstraße 3
02763 Zittau
Fon: +49 (0) 3583 554790
Fax: +49 (0) 3583 55479210
museum@zittau.de
www.zittau.de

主催者

Städtische Museen Zittau
Fon: + 49 (0) 3583 554790
Fax: + 49 (0) 3583 55479210
museum@zittau.de

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

On the 1st Christmas Day, December 25th, the emperor Charles IV and his spouse do themselves the honour of coming to the spa of Oybin: Contemplatively the couple proceeds to the castle. There, the emperor and prior bid you welcome before the castle chaplain proclaims the Christmas message in the atmospheric ruins of the monastery church.

 

Opening Hours:
25th December 2017
2 pm to 4 pm

開催予定:

25.12.2017

開催地

Kaiserweihnacht auf dem Berg Oybin
Burg und Kloster Oybin
02797 Kurort Oybin
Fon: +49 (0) 35844 73311
Fax: +49 (0) 35844 73323
info@oybin.de
burgundkloster-oybin.com

主催者

Burg und Kloster Oybin
Fon: +49 (0) 35844 73311
info@oybin.com

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す