ドイツの人気観光スポットTOP100

2017年の人気観光スポットが確定しました!

ドイツは魅力に満ち溢れた国です。類い稀な名所旧跡が、まるで魔法のように世界中の人々を引き寄せています。とはいえ、これら建造物や自然風景の中で、最も人気があるのは一体どこなのでしょう?ドイツ観光局 (GNTB) は、国外からの旅行者の皆様に、直接この問いを投げかけています。 2017年には、60以上の国からの旅行者が、個人的に一番気に入った場所を選んでくれました。そして今、2017年のTOP100の集計結果が出ています。

1
Miniatur Wunderland Hamburg
Miniature Wonderland, Hamburg – a small world that makes a big impression

There's only one way to describe Miniature Wonderland in Hamburg: the biggest model railway in the world. Visitors are taken on a journey through different countries and continents, through realistic miniature landscapes and worlds of fantasy.

2
Europa-Park
ヨーロッパパーク ─ ドイツ最大のテーマパーク

ルストのヨーロッパパーク:ヨーロッパの魅了した上に、スペクタクルなイベントでヨーロッパ中の注目も集めた、トップレベルのテーマパーク。

3
ノイシュヴァンシュタイン城
ノイシュヴァンシュタイン城 ─ ドイツのメルヘン城。

ノイシュヴァンシュタイン城が持つシンボルとしての力は、理想主義的でロマンチックな建築様式と所有者の悲劇的な人生の組み合わせと相まって、世界中を魅了しています。ルートヴィヒ2世は自身の帝国の統治権を失ったため、伝説とメルヘンによる自分だけの世界を創り出したのです。

4
Lake Constance with Mainau Island, Monastic Island of Reichenau (UNESCO World Heritage)
Lake Constance with Mainau Island and Monastic Island of Reichenau

The Lake Constance region, where Germany borders Austria and Switzerland, is a holiday paradise set around Central Europe's third largest inland lake. The most popular excursion is to the Flower Island of Mainau, famous for its magnificent park and gardens surrounding the baroque family residence of Count Bernadotte. Discover an oasis of natural beauty, harmony and relaxation.

5
ローテンブルク・オプ・デア・タウバー市街
中世が生き生きと残っているところ:ローテンブルク・オプ・デア・タウバー

小さい町ながらよく知られている町ローテンブルク・オプ・デア・タウバー。 ローテンブルクほど中世がよく保存されている町はほかにはありません。 時間が止まってしまったのでは? 古い家や静かな広場、町角、塔や噴水、市城門、市城壁、倉庫、ワインレストランの旧市街を歩けば、そう思うのは当然です。

6
ドレスデン市街
ドレスデン:文化都市の代名詞。

文化というものは、解釈も定義も様々です。 しかし「ドレスデン」という地名を出せば、具体的なイメージとして伝わるに違いありません。 この都市の文化財は、質も量も圧倒的で、観光客が息をのんで感嘆するほどなのです。 そして、それらの全てが美しい河畔風景の中に嵌め込まれているのを目にすると、驚きは純粋な感動に変わります。

7
ハイデルベルク市街
ハイデルベルク城。 ドイツ・ロマン主義の象徴。

19 世紀以来、ハイデルベルク城のロマンチックな廃墟は、ヨーロッパで最も有名な観光スポットに数えられ、観光客を引き寄せる磁石のような存在になっています。

8
ファンタジアランド
ファンタジアランド ─ 無限に広がるファンタジー

ケルン近郊ブリュールのファンタジアランドは、エキサイティングでスピード感いっぱいのライド、愛情を込めて演出されたライド、引き込まれるようなアトラクション、特に子供たちのためのファンタジー溢れるショーを、6つのテーマエリアで提供しています。 さらに、あらゆる好みに対応する、魅力的なテーマホテルも取りそろえています。

9
Hellabrunn Zoo Munich
Hellabrunn Zoo – for globetrotters and animal lovers alike

Munich's Hellabrunn Zoo opened in 1911 in the Isar floodplains conservation area. With more than 19,000 animals in around 40 hectares of grounds, it is one of the biggest and most bio-diverse zoos in Germany and was the world's very first 'geo-zoo'.

10
The Moselle Valley
The Moselle Valley: between vineyards and knights' castles

The Moselle Valley is the oldest wine-growing region in Germany and a diverse recreational area that offers something for every taste.

11
ユネスコ世界遺産 ケルン大聖堂
ケルン大聖堂

現在ケルン大聖堂がある場所には、すでに4世紀には教会が存在していました。しかし、このライン河畔の都市に、キリスト教世界における有数の大聖堂にして “ゴシック建築の傑作” が建つのは、1248年以降のことです。 ケルン大聖堂は、完成した1880年の時点では、世界最大の建造物でした。

12
エアフルト
エアフルト:美が自我と出会うところ。

教会と塔、橋、偉大な文化、華やか祭り……エアフルトは、中世の香りと豊かな歴史で、あるいは生きる喜びと心からのホスピタリティで、訪れる人々に強い印象を与えています。 かつてドイツ国内やヨーロッパ規模の交易路が交わる場所だった、テューリンゲン州の州都エアフルトは、昔から偉人たちの故郷や出会いの場として、自我があって誇りも高い改革都市として、さらには世界中の人々を磁石のように惹き付ける土地として知られていました。

13
シュヴァルツヴァルト国立公園
シュヴァルツヴァルト国立公園 ─ 幾分荒々しさも

現時点ではドイツで最も新しい国立公園であり、ハイキングや休暇滞在にぴったりの場所です。素晴らしい眺望や天然の針葉樹林、深いカール湖、黒っぽい湿原が、比類のない自然体験を約束します。

14
ラーフェンスブルガー・シュピーレラント
ラーフェンスブルガー・シュピーレラント ─ 家族みんなが楽しめるスリル

ウォータースライダー「アルパイン・ラフティング」や「クレージーな迷宮」、青熊船長と一緒に冒険航海……ラーフェンスブルク市とボーデン湖の間にあるラーフェンスブルガー・シュピーレラントでは、家族みんながピュアなスリルを楽しめます。 7つのテーマワールドにある、50以上のアトラクションが、メガサイズの「忘れられない瞬間」を創ってくれます。

15
ユネスコ世界遺産 トリーアのローマ遺跡群
トリーアのローマ遺跡群と聖ペテロ大聖堂、聖母教会

紀元前16年に「アウグスタ・トレヴェロールム」として建設されたトリーアは、ドイツ最古の都市にして、歴史のモニュメントでもあります。 モーゼル河畔のロマンチックな都市への訪問は、世界レベルの歴史的記念物や見事な教会建築、古代ローマの面影を残す街並みなどにより、忘れがたい体験になることでしょう。

16
シュパイヤー大聖堂
シュパイヤー大聖堂

シュパイヤーの皇帝大聖堂 ─ 正式には聖マリア&聖シュテファン大聖堂 ─ は、はるか遠くからも目にできる、都市の象徴です。 また、平面図ではラテン十字の形をした、ドイツ最大にして最も重要なロマネスク建築のひとつでもあります。1030年に建設が開始された時には、まさしくヨーロッパ最大の聖堂を目指していました。

17
ベルヒテスガーデン国立公園
ベルヒテスガーデン国立公園 ─ 素晴らしきアルプスの世界

ベルヒテスガーデン国立公園は、アルプス地方最古の保護地域に数えられます。バイエルン州南部に位置し、ベルヒテスガーデン・アルプスの素晴らしい風景 ─ 魅力的な山々や類い稀なハイキングロード、湖、森林などによる風景 ─ が特徴となる国立公園です。

18
Karl's Village of Discovery
Karl's Village of Discovery, Rövershagen – educational and entertaining

Karl's Village of Discovery is an all-weather, year-round destination for the whole family, offering farm-themed fun in Rövershagen near Rostock on the Baltic coast. Suitable for children aged three and over.

19
Bad Mergentheim wildlife park
Bad Mergentheim wildlife park. Face to face with bears and wolves

You won’t get this close to wild animals almost anywhere else. Natural enclosures, most of them without any bars and fences, make the Bad Mergentheim wildlife park in the Main-Tauber district a really intense family experience.

20
ドイツの角 (Deutsches Eck)
ドイツにまだカイザーがいた頃:ドイツの角

ドイツの居酒屋の名前みたいな響きですが、ライン川とモーゼル川の合流点の砂嘴の名称です。 1216年に両河川の合流点にドイツ騎士団が入植し、その名前が付き、その場所に皇帝ヴィルヘルム一世は帝国の統一に感謝して記念碑を建てました。 1897年に除幕式がありましたが、1945年に破壊され、1953年にドイツ統一のための記念碑となり、1993年に復元されました。 高さ37メートルの記念碑は毎年200万人を引き付ける名所となり、2002年にはユネスコ世界遺産ライン渓谷中流上部の一部になっています。

21
マリーエン広場, ミュンヘン
マリーエン広場 : ミュンヘンのファーストアドレス

バイエルンの守護神マリアの高い柱が立つマリエーン広場は、市内最古の中心広場で、歩行者天国の中心、大きなイベントの舞台、そして観光のスタート点です。 ネオゴシック様式の新市庁舎とその張り出たファッサードがひと際目立つ広場では、市庁舎塔のグロッケンシュピール仕掛け時計が人気です。 広場の近くにはミュンヘンのシックなショッピング街、マーケット、ビアガーデンがあります-三つの有名な市城門も:イザール門、ゼントリンガー門、カールス門。

22
リューゲン島
リューゲン島:海水浴場と世界的に有名な風景

リューゲン島はドイツ最大の島です。 果てしなく続く海岸、手つかずの自然、そして優雅な海水浴場……総面積926平方キロメートルの島内には、保養地に求められるものが全て揃っています。 それは、バルト海の真っ只中で見る夢のようなものです。

23
Harz National Park with Mount Brocken
ハルツ国立公園 ─ 伝説に包まれた中級山地

濃霧と陽射し、森、水、魔女伝説、ウェルネス……ハルツ国立公園なら、これら全てを体験できます。この国立公園は、ドイツ最北の中級山地にあり、北ドイツで最も人気の高いハイキング/クロスカントリースキー地域にも数えられています。

24
世界遺産 レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ
レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

間もなく建設2000周年を迎える “皇帝と国王の都市” レーゲンスブルクには、素晴らしい景観が広がっています。 市街地には文化財保護指定を受けている建造物が1500もあり、その中の984が「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」として、2006年以来ユネスコ世界遺産に登録されているのです。

25
Eltz Castle
Eltz Castle

Discover the authentic Middle Ages! Eltz Castle boasts exceptionally ornate architecture and enjoys a secluded valley location amidst unspoilt nature.

26
ザクセン・スイス国立公園
ザクセン・スイス国立公園 ─ 1億年の歴史を持つ天然記念物

ドイツ東部、ドレスデンの東南部に位置するザクセン・スイス国立公園は、エルベ川によって造り出されたエルベ砂岩山地を、3万6千ヘクタール以上にわたって保護するものです ─ この国立公園は、白亜紀まで歴史を遡る “発見の旅” へと誘います。

27
ユネスコ世界遺産 ヴァルトブルク城
ヴァルトブルク城

巨大かつ重厚で、壁の傷跡ひとつひとつに歴史が感じられます:アイゼナハの町の上に聳えるヴァルトブルク城は、1999年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。 ドイツで最も保存状態の良好な中世城塞のひとつです。 また、1000年近い歴史を有する、おそらくはドイツで最も有名な城塞であり、極めて重要な城塞でもあります。

28
ロマンチック街道
ロマンチック街道 ─ 何かを約束するようなネーミング

ロマンチック街道は、ヴュルツブルクからアルゴイ地方のフュッセンまで、約400キロメートル続いています。この街道を旅すれば、きっと心から満足できるはずです。見どころは、次から次へと現れます。たとえば、壮麗なレジデンツや華美な王城、中世の面影を残す木組みの家などです。また、長距離サイクリングロードやハイキングコースとしても素晴らしい内容になっています。

29
マウルブロン修道院の建造物群
マウルブロン修道院の建造物群

400年余りの時間の中で修道士たちは、マウルブロン修道院という類い稀な宗教施設を造り上げ、周囲の文化的景観を特徴づけてきました。 ハイデルベルクシュトゥットガルトの間に位置する、かつてのシトー会修道院は、完全な形で維持されているアルペン以北で唯一の僧院であると同時に、中世の建築芸術を代表する存在であり、1993年以来ユネスコ世界遺産に登録されています。

30
ダンケルン城ホリデーセンター
ダンケルン城ホリデーセンター。 ドイツ最大のレジャー&ホリデーセンター。

休暇は、これほどまでに素敵なり得るのです! ダンケルン城では、自然が身近に感じられて、忘れがたいホリデー&冒険パラダイスが待ちかまえています。

31
アイフェル国立公園
アイフェル国立公園 ─ 起伏が多くて、動物が豊富

荘厳なブナ林や節くれだった樫の木々、急流が泡立つ神秘的な山峡が、アイフェル国立公園へと招きます。そして様々な動植物が、ドイツ西部では他に類を見ない、魅力溢れる自然体験へと誘うのです。

32
ユネスコ世界遺産 バンベルク市街
バンベルク市街

フランケン地方の文化地図の中心部で、7つの丘の上に広がるバンベルクは、千年の歴史を持つ「司教と皇帝の都市」であり、しばしば「フランケン地方のローマ」と呼ばれています。 皇帝大聖堂が聳える周りには、中世盛期から市民バロックに至る、美術品さながらの都市景観が、比類が無いほど見事に保存されているのです。

33
ユネスコ世界遺産 ハンザ同盟都市リューベック/ホルステン門
ハンザ同盟都市リューベック

“バルト海沿岸部における最初の西洋都市” として1143年に建設されたリューベックは、自他共に認める “ハンザの女王” であり、バルト海沿岸部のハンザ同盟諸都市にとって範となる輝かしい存在でした。 中世の面影を残す旧市街は、レンガゴシック様式の代表例であると同時に、かつて世界貿易の中心として君臨した、偉大な過去を思い出させてくれます。

34
Loreley rock in the Upper Middle Rhine Valley (UNESCO World Heritage)
The Loreley

Celebrated in song and shrouded in legend – the Loreley rock is a 194-metre-high slate cliff towering above the narrowest point of the Rhine near St. Goarshausen.

35
Cochem Castle
The majestic Cochem Castle: exciting history in the charming Moselle landscapes

Proudly enthroned above Cochem on mighty cliffs, you will find the venerable Cochem Castle (built circa 1,000 AD) with its unequalled layout, bay windows and battlements. Impregnable upon the prominent mount and rising over 100 metres above the Moselle, it is regarded as the highest hill fortress along the river.

36
The Sauerland
The Sauerland: tales of dwarfs and the land of 1,000 mountains

The Sauerland holiday region wows visitors with its variety, as the glorious natural surroundings lend themselves to a huge range of leisure activities in both summer and winter.

The Felsenmeer nature reserve is a sensational scenic highlight. It is home to bizarre rock formations, an animal world with a wide range of species and an up to 250-year-old tree population. Legend has it that dwarfs once lived under their roots.

37
ブランデンブルク門
歴史への通路:ブランデンブルク門

ベルリンの建造物でブランデンブルク門ほど世界に知られている建造物はありません。1789-91年に C.G.ラングハンスの設計によりベルリンの中心のパリーザー広場に建造されました。 1961年にベルリンの壁が建てられ、ブランデンブルク門はその後28年間通行できなくなりました。 再統一の象徴として、ブランデンブルク門は、ベルリン市の現在と歴史を語っています。 6本のドリア式柱が立ち、その間は歩行者だけ通れるようになっています。 勝利の女神ヴィクトリアが乗る四頭立ての二輪馬車クヴァドリーガは、1794年に据えられました。

38
Mount Zugspitze and Partnach Gorge in Garmisch-Partenkirchen
Mount Zugspitze and Partnach Gorge in Garmisch-Partenkirchen

The Zugspitze is one of the most famous mountain peaks in the Alps. Measuring 2,962m, it is not only Germany's highest mountain, but also one of the most popular destinations for visitors from all over the world.

39
ユネスコ世界遺産 ポツダム・サンスーシ宮殿
ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群

美しいポツダムの街は、非常に豊かで魅力的な文化的景観をまとっています:広々とした公園や厳かな並木道、さらには18~20世紀の建築物150余りが結びついて、他に類を見ないレベルの文化財を形成しているのです。 これらは、隣接するベルリンの建築記念物と共に、1990年にユネスコ世界遺産に登録されました。

40
ウルム大聖堂
摩天楼:ウルム大聖堂

ウルムでは何百年も前から巨大なゴシック様式の大聖堂がひと際目立ち、ドイツでも外国でも、ウルムといえば大聖堂と言われます。 「神の指」、つまり高さ162メートルの世界で一番高い教会の塔のためにそう言われるようになったのです。 この建築は有名な造形美術作品とよく調和しています。 15世紀の内陣の椅子は世界的に有名で、 ヨルク・ジルリンの作の聖職者席の胸像は、傑作として美術史に記されています。

41
英国庭園, ミュンヘン
英国庭園 : 百万人都市のオアシス

イザール川の西の岸に広がる4平方キロメートル余りの緑地英国庭園は、世界最大級の市内公園です。 英国庭園は見どころのひとつで、とくに夏場は人気がありますが、冬もとても魅力的です。 中国塔が、英国庭園の見どころで象徴となっていますが、人気があるのはそのビアガーデンです。 公園の設備も人気です:サーフィンができるアイスバッハ川、古典劇が上演される小さなギリシャ野外劇場など。

42
ユネスコ世界遺産 ブレーメンの市庁舎とローラント像
ブレーメンの市庁舎とローラント像

おそらくは、ドイツで最も美しい市庁舎のひとつ:ブレーメン市庁舎の豪華なファサード (建物正面部分) は、北ドイツのヴェーザールネサンス様式を代表するものです。 そして、ブレーメンの “自由像” であるローラント像と共に、現在に至るまで都市や自由、独立といった、市民の誇りを象徴しています。

43
Old town and Minster of Freiburg
フライブルク:まるでサンテラスのような、陽気な都市。

フライブルクは、他の土地より日照時間が長いので人々が陽気なのか、それとも人々が明るいからこそ、より多くの陽光が降り注ぐのか……その答えは神のみぞ知るといったところです。 確かなのは、ドイツで最も南に位置する都市フライブルクは、とても暮らしやすいところだということです。

44
ヴィルヘルムスヘーエ公園がユネスコ世界遺産に
ヴィルヘルムスヘーエ公園

イギリス風景式庭園のスタイルによるヴィルヘルムスヘーエ公園 (ベルクパルク・ヴィルヘルムスヘーエ) は、ヘッセン州北部の都市カッセルにあります。総面積240ヘクタールという、丘陵部のものとしてはヨーロッパ最大規模の公園です。 また、ヴィルヘルムスヘーエ宮殿と共に、文化や自然、造園芸術が完璧に調和した、総合芸術作品を形成しています。

45
テュービンゲンのチョコレートマーケット ChocolArt
テュービンゲンのチョコレートマーケット ChocolArt

チョコレートファンにとって、これ以上の喜びはありません:アフリカや南米、北米、ヨーロッパの、国際的なトップ・チョコレートメーカー100社が、絵のように美しいテュービンゲン旧市街で、カカオ豆を称えるのです。とろけるようなスイーツ、手作りの高級チョコレート、心地よいチョコレート・マッサージ、精選したチョコレートのテイスティング、クリエイティブなプラリーネ講習会、芸術的なカカオ絵画、インスピレーションを刺激する朗読、珍しいチョコレート劇場……あらゆる感覚でチョコレートを堪能できます。

46
Michelstadt townhall
Michelstadt. Germany’s most original town hall

There are plenty of historical town halls in Germany but probably the most beautiful of them all is the one in Michelstadt in the romantically situated Odenwald low mountain range. You’d have to search far and wide to find one as fancy and unique as this.

47
Hamburg´s Speicherstadt warehouse district (UNESCO World Heritage)
倉庫街とチリハウスを含む商館地区

近代欧州都市が生まれた場所:歴史的な倉庫街は、有名なチリハウスがある商館地区と共に、ハンブルクの世界都市への発展を象徴する存在です ─ そして今日では、活気のある文化エリアになっています。時代や変遷にも色褪せない、その建築アンサンブルは、ユネスコ世界遺産に登録されました。

48
ユネスコ世界遺産  博物館島  ベルリン
人類の宝物庫:博物館島

ベルリン中心部にあるユネスコ世界遺産の博物館島は、世界中からの観光客にとってもベルリン市民にとっても、最大のアトラクションに数えられます。 世界で最も重要なミュージアム複合体のひとつである博物館島には、他に類を見ないほどの文化財が存在します:旧博物館と新博物館、旧国立美術館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館が、メソポタミアからエジプト、ギリシャ、古代ローマ、ビザンチン、イスラム世界を経て、中世や近世、19世紀ロマン主義の時代へと至る、魅力的な芸術&文化の旅に誘っているのです。

49
デュッセルドルフ旧市街
感情こめてランデブー:デュッセルドルフ旧市街

ライン地方的なものと国際的なものが一つに溶け込み、何世代も前から老いも若きも出会う場所、そこにはデュッセルドルフのハートが鼓動しています。 旧市街は「世界でもっとも長いバーカウンター」としてつとに有名ですが、実際は遥かにそれ以上の所です。 一目で見通せるような小さな旧市街には、古いのや新しい建築的に興味ある看板建物、文化的集会所、ショッピング、歴史的建造物、休憩によい美しい小さな広場、それに人気のあるラインの河岸遊歩道があります:日本祭り、書籍祭り、大市、ハロウィーンからジャズラリーまで、みな祭りや祝いの行事に最適なライン河岸で行われます。

50
Kaiserburg Castle Nuremberg
Kaiserburg Castle, Nuremberg

Nuremberg Castle, where every emperor of the Holy Roman Empire lived, at least for a time, between 1050 and 1571, is one of the most important medieval imperial palaces. Friedrich Barbarossa and his successors added large extensions to the Salian royal castle which had been in existence since around the mid 11th century. The double chapel, which has survived intact to this day, dates back to this time. The imperial apartments and state rooms in the main building, whose original panelling has largely been preserved, contain 16th and 17th century paintings, tapestries and furniture.

51
エルプフィルハーモーニー
未来の音響体験:エルプフィルハーモーニー

スイスのスター建築家のヘルツォーク&デ・ムーロン設計のエルプフィルハーモニーは、ハンブルクの新しい文化と都市計画の看板プロジェクトです。 クラシック音楽の文化、21世紀音楽、 ハイレベルの軽音楽が、このすばらしいホールで演奏されます。 港の利用と新しい文化の個性がハンブルクで他に類を見ない結合を見せています:ビジターはエスカレーターで埠頭倉庫Aを通って高さ37メートルの公共広場に行きます。 そこからハンブルク市民も旅行者も、港とエルベ川と町のすばらしい見晴らしを満喫できます。 もっと読む

52
Ozeaneum aquarium and museum Stralsund
オツェアネウム、シュトラールズント

シュトラールズントのオツェアネウムは、ドイツで最も新しい水族館です。

53
ユネスコ世界遺産 ヴュルツブルクのレジデンツ
ヴュルツブルクのレジデンツと宮廷庭園

一般にヴュルツブルクのレジデンツ (司教館) は、ドイツで最も純粋にして最も際立ったバロック宮殿とされています。 レジデンツは、1720年から1744年にかけて建設され、1765年~1780年には周囲に華麗な宮廷庭園が造られました。栄光に満ちた時代を体現する、ヨーロッパ屈指の領主宮殿といえます。

54
シュヴェリーン宮殿と公園
シュヴェリーン宮殿と公園。 湖上の宝石。

無数の塔や丸屋根、翼棟を備える、ロマンチックなメルヘン宮殿がシュヴェリーン湖に映っています。 フリードリヒ・フランツ2世が、王家の権勢を印象づけるシンボルとして、1857年までに改築しました。

55
Aachen Cathedral (UNESCO World Heritage)
アーヘン大聖堂

1978年にアーヘン大聖堂が、ドイツで初めての世界遺産としてユネスコのリストに登録されたのももっともなことです:790年頃から800年頃にかけて建造された大聖堂は、建築や芸術の歴史において普遍的な意義を有しており、代表的な宗教建築物に数えられているからです。 カール大帝の墓所でもある大聖堂では、600年にわたって神聖ローマ帝国の皇帝たちの戴冠式が執り行われていました。

56
Rüdesheim with Drosselgasse
Rüdesheim with Drosselgasse, Niederwald Monument, Cable car and the vineyards

Idyllic Rüdesheim am Rhein is the gateway to the UNESCO World Heritage Upper Middle Rhine Valley. Wine-growing has a long tradition in Rüdesheim and has established the town's reputation as a producer of acclaimed riesling and pinot noir wines. A stroll through the vineyards to the Germania monument or to Ehrenfels castle ruins offers fantastic views of the Rhine Valley.

57
Teutoburg Forest Nature Park
Teutoburg Forest / Egge Hills Nature Park – where nature and culture come together

Natural beauty and imposing landmarks, picturesque highlands and cultural and historical highlights – these are what make up the Teutoburg Forest / Egge Hills Nature Park, the largest in North Rhine-Westphalia.

58
ユネスコ世界遺産 ワッデン海
ワッデン海

北海沿岸部に広がるワッデン海は、その風景の多様性により、無数の動植物にとって類い稀な生活圏になっています。 シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州ニーダーザクセン州ハンブルク特別市の国立公園、デンマーク及びオランダのワッデン海保護地域からなるユネスコ世界自然遺産ワッデン海は、総面積が11,000平方キロメートルにも達するものです。

59
ドイツ・メルヘン街道
ドイツ・メルヘン街道 ─ メルヘンは時として現実に

妖精や王子様、いばら姫、白雪姫、赤ずきん、シンデレラの故郷にようこそ。メルヘンを夢見ながら、グリム童話の世界を旅してください。ドイツ・メルヘン街道は、グリム兄弟の出身地ハーナウから、動物の音楽隊の目的地ブレーメンまで、全長600キロメートルに及ぶ、魅力がいっぱいのルートです。

60
オクトーバーフェスト
百万人のどよめき:オクトーバーフェスト

ミュンヘンはビールの町ナンバーワン-そのオクトーバーフェスト・ビール祭りのことを世界中で知らぬ人はいません。 オクトーバーフェストが1810年に王家の結婚式に際して催されたとき、これがミュンヘンの代表的な祭りになろうとはだれも想像しませんでした。 それ以来毎年9月/10月に、世界最大の祭りがテレージエンヴィーゼの広場で開催されています。 祭りにふさわしい音楽で新鮮なビールを飲み、みんなで愉快に過ごし、それに娯楽、美味しい食べ物、風習が結びついた楽しい祭りです。 この大きなファンフェアの歴史をもっと知りたい方は、1995年より行われている各国語によるオクトーバーフェスト・ガイドツアーに参加するとよいでしょう。

61
ホーエンツォレルン城
ホーエンツォレルン城。 ネオゴシック様式による歓声。

シュヴェービッシュ・アルプ山地の、標高約900メートルの高台に、塔や凸壁を備えるホーエンツォレルン城 ─ ネオゴシック時代のロマンチックな幻影 ─ が聳え立っています。

62
ハーフェンシティハンブルクのフィッシュマルクト
ハンブルクの新しい市街地:ハーフェンシティ

ここでは都市の一部が成長中:ハーフェンシティは-ヨーロッパ最大の市街地開発が目下進行中-ウォーターフロント市街地の開発モデルとなっています。 新ゴシック様式のレンガ造り建物から成る歴史的な倉庫街が、ずいぶん前からハンブルクの景観の特徴の一つとなっていますが、ハーフェンシティの新開発地区は港に現代のアクセントを置くものです。 新シティの開発によりハンブルクは少なくともヨーロッパに新たな基準を示します:157ヘクタールの面積に、職場と住居、商店、レジャー、飲食、文化が混在する生き生きとした都市空間ができます。

63
ニュルンベルクのクリストキンドレスマルクト
ニュルンベルクのクリストキンドレスマルクト

11月27日には、歴史的な旧市街のハウプトマルクト (中央広場) でクリストキント (幼児キリスト) が、世界的に有名なニュルンベルク・クリストキンドレスマルクトの開幕を厳かに宣言します。傑出したクリスマス都市ニュルンベルクでは、中世さながらの雰囲気やニュルンベルク・オリジナルのレープクーヘン (蜂蜜&香辛料入りのクッキー) 、ニュルンベルク・ソーセージ、世界最大のボウルに入った “火ばさみパンチ” などを堪能できます。この他にも、教会での華やかなアドベント (待降節) /クリスマス・コンサート、バロック様式の聖エギーディエン教会やシュピタール路地で開催される伝統的なクリッペ (キリスト生誕場面の模型) 展、市庁舎における歴史的な屋台の展示、ハンス・ザックス広場の子供クリスマス、カタリーネン修道院傍のシュテルネンハウス (イベント・ステージ) 、市庁舎広場に立つ姉妹都市のマーケット、職人広場での実演、城へと進む “光の行列” 、郵便馬車による市内一周……ニュルンベルクは、比類のないクリスマス体験を約束します。

64
ユネスコ世界遺産 クヴェートリンブルクの司教座教会と城、旧市街
クヴェートリンブルクの司教座教会と城、旧市街

ロマネスク街道にある美しい町クヴェートリンブルクには、中世のころ国王や皇帝が主要な居城を置いていました。 クヴェートリンブルクは、6世紀にわたって建てられてきた1300以上の木骨家屋、多数のユーゲントシュティール (青年派様式) 建築物、そして歴史的な都市構造により、極めて保存状態の良好な “中世都市”とされています。

65
The Saar Bow
The Saar Bow – strength in serenity

Time seems to stand still in the Saar Bow. Ships slow down to navigate the hairpin bend in the river, while visitors on top of the Cloef viewing point stop to catch their breath at the stunning views.

66
モンシャウのクリスマスマーケット
モンシャウのクリスマスマーケット

花環装飾やクリスマスツリー、イルミネーションが、ロマンチックなマルクト広場とクリスマスマーケットに、アットホームな雰囲気を漂わせます。そして、歴史的な装いをした塔上吹奏者やアルペンホルン・トリオによる音楽が流れます。城中庭の防御塔の下、藁が敷かれた馬小屋で “生きたクリッペ (キリスト生誕場面の模型)” を、聖ミヒャエル教会では、羊飼いたちが音楽を奏でる、ジオラマ風クリッペを目にできます。

67
ヴォルフスブルク・アウトシュタット
ほとんど信じられない。 しかし、体験はできる。 ヴォルフスブルクのアウトシュタット (自動車の町)。

フォルクスワーゲン・グループは、本社のあるヴォルフスブルクにアウトシュタット (自動車の町) というテーマパークを設けて、モビリティをテーマとする、様々なアトラクションを提供しています。

68
Old town and cathedral of Mainz
マインツ:グーテンベルクの町にして “ワインの女王” 。

マインツは、「古代ローマ人が築いた都市」や「大学とメディアの町」、「ラインラント・プファルツ州の州都」としてよく知られているほかに、有名なものが3つあります ─ ロマネスク様式の大聖堂とグーテンベルクの印刷術、ファスナハトとも呼ばれるライン地方特有のカーニバルです。 そしてマインツには、2000年の歴史がもたらした偉大な遺産があり、市民も誇りを持っています。 特徴あるワイン文化もまた “文化財” のひとつであり、マインツをより親しみやすい都市にしています。

69
Triberger Waterfalls and Christmas Market
Triberg: deep in the Black Forest with towering waterfalls.

Nestled deep in the Black Forest is the small town of Triberg, which is also home to a breathtaking natural spectacle: waterfalls plunging into the depths from a height of 163 m. A hiking path allows visitors to explore at their leisure, taking in its seven steps from all angles. The waterfalls can be visited all year round, and are an impressive sight – even in winter! At Christmas, millions of lights conjure up a romantic atmosphere and transform the surrounding forest into an utterly beautiful outdoor winter festival with performers and other highlights.

70
ユネスコ世界遺産 エッセンのツォルフェライン炭鉱業遺産群
エッセンのツォルフェライン炭鉱業遺産群

エッセンのツォルフェライン (ツォルフェアアイン) 炭鉱第12採掘坑は、建設当時は世界最大にして最新の石炭採掘施設であり、ヨーロッパにおける重工業発展の典型例とされていました。 今日この炭鉱は、バウハウスのスタイルを採り入れた建物により、近代産業建築のモニュメントと見なされ、芸術や文化の拠点になっています。

71
The Berlin Wall
Berlin Wall

From 1961 to 1989 the Berlin Wall divided the city in two. Most of this concrete structure has since been torn down, but fragments do remain a feature of the city. The Berlin Wall Trail, a route for walkers and cyclists split into 14 sections, follows the path of the former wall. Information panels installed at 30 points tell the story of the Berlin Wall. The colourful and recently restored East Side Gallery in Friedrichshain is a piece of the hinterland wall that in 1990 was painted by artists from 21 countries. On Bernauer Strasse, where there is a replica section of the Berlin Wall, you can also visit a memorial site, a documentation centre and the Chapel of Reconciliation.

72
ユネスコ世界遺産 ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、オーバーハルツ水利管理システム
ランメルスベルク鉱山とゴスラーの歴史地区、オーバーハルツ水利管理システム

産業の黎明期における証人たち:美しいゴスラー旧市街に隣接するランメルスベルク鉱山は、かつて銅と鉛、亜鉛を含有するものとしては世界最大の鉱層を持ち、現在は1000年に及ぶ鉱山業の歴史を伝えています。 そして、鉱山にエネルギーを供給していたのがオーバーハルツ水利管理システム ─ 産業化以前のものとしては世界で最も重要な「水の管理体系」 ─ です。

73
ユネスコ世界遺産 古典主義の都ワイマール
古典主義の都ワイマール

テューリンゲン州のワイマール (ヴァイマル) は、数百年にわたってドイツ精神生活の中心地に数えられていました。その全盛期となる19世紀初頭には、ゲーテとシラー、ヘルダーという、ヨーロッパ精神史に燦然と輝く3人が、この地に暮らしていました。 建築アンサンブル「古典主義の都ワイマール」は、1800年頃の啓蒙思想や宮廷文化、さらには市民文化を今に伝えるものです。

74
Allgäu holiday region
Allgäu – a natural high

From the rolling foothills of the Alps all the way up to the mountain peaks, the Allgäu has always attracted active holidaymakers. As a sustainable destination for health and wellness, the region is aiming for more, and its Allgäu brand logo can only be used once a strict set of sustainability criteria has been met.

75
ホーフブロイハウス, ミュンヘン
ホーフブロイハウス : すべての尺度はリットル

旧市街のブラッツル広場の特別バイエルン体験、有名なホーフブロイハウスです。 もともとはビール醸造所、今日では世界に知られたビールの宮殿。 ここでは民族衣装の革ズボンとディルンデルを着て、マースと呼ばれる一リットルジョッキでミュンヘンのビールを飲んでいます。 ビールには伝統的なたっぷりとした地方料理をバイエルンの限りなく楽しい雰囲気の中で味わいます。 世界最大といわれるビアホールは、毎日満杯となる3万人のお客様のためにビールと食事とすばらしく楽しい雰囲気に心を配っています。

76
Medieval Crime Museum Rothenburg
ローテンブルク中世犯罪博物館

ローテンブルクの中世犯罪博物館では、ドイツ語圏全域から集められた数百点の品々が、2棟の建物に展示されています。

77
Wernigerode townhall
Wernigerode

Visible from afar: romantic Wernigerode Castle towers high above the little town north of the Harz mountains. It’s just one of many highlights on every corner in and around Wernigerode – especially in the restored old town with its colourful timber-framed houses.

78
Suspended monorail Wuppertal
ヴッパータール:モノレールのある都市。

ヴッパータールは、ベルギッシェス・ラント地方における最大の都市であると同時に、経済や教育、産業、文化の中心でもあります。 そして何よりヴッパータールは、市の公式スローガンも謳っているように、モノレールの都市なのです。 モノレール沿いには、自意識も歴史意識も高い都市が広がり、驚くようなものが数多くあります。

79
Golden Hall in Augsburg
The Golden Hall in Augsburg

With its rich, gold-adorned ceremonial room in the Augsburg Town Hall, the Golden Hall is regarded as one of the most important cultural icons of Germany’s Late Renaissance. The ceiling of the 14-metre-high hall is clad with gold foil. It was completely destroyed in 1944 and reinstated in 1996 after 17 years of restoration. Since then, the Golden Hall is used as reception hall and meeting room for the city.

80
バイエルンの森国立公園
バイエルンの森国立公園 ─ 果てしなく広がる野生の森

ドイツ連邦共和国の東南部に位置するバイエルン州では、1970年にドイツ初の国立公園が設立され、1997年には現在の面積 (243平方キロメートル) まで拡張されました。

81
Prinzipalmarkt Münster
プリンツィパルマルクト

マーケットの立つ通りとしては最古の大通りで、市の中心となるプリンツィパルマルクトには、1290年頃からアーケードのある切妻屋根の家が立ち並ぶようになりました。 どんな天候でもショッピングができます-中世の頃もプリンツィパルマルクトのアーケードの下で商売ができました。 48軒の切妻屋根の家、「ウェストファリア平和条約」締結式があった有名な市庁舎、ルネッサンス・ファッサードのあるシュタットヴァインハウス、市民の家、市と市場の聖ランベルティ教会が、昔のマルクトを形作っています。

82
リンダーホーフ宮殿
リンダーホーフ宮殿 ─ ルートヴィヒ2世の最もオリジナリティのある “逸脱行為”。

ルートヴィヒ2世が建造した3つの宮殿の中で、リンダーホーフは最もオリジナリティのあるものです。 グラスヴァングタールの寂しい場所にある、豪華な離宮。

83
ユネスコ世界遺産 ヴィース教会
ヴィースの巡礼教会

アルプス山麓にある「ヴィースの鞭打たれるキリスト巡礼教会」は、バイエルン・ロココ様式による完璧な芸術作品とされています。 ここには、世界各地から年間100万もの人々が訪れます ─ 眺めるために、驚嘆するために、祈るために、礼拝に参加するために、夏季コンサートを聴くために、そして何より静かに内省するために……。

84
Town of Beilstein in the Moselle Valley
Beilstein: idyllic but by no means in a deep slumber

Beilstein, or as many call it: the "Sleeping Beauty of the Moselle", lies between vineyards and the Moselle Valley.

The little town has a wild and romantic feel and exudes historic flair with its town wall dating back to 1310, its picturesque market square and its many nooks and narrow alleyways. It is no wonder this place is not only home to 140 people but also has been used as a backdrop for countless films!

85
ヘレンキームゼー宮殿
ヘレンキームゼー宮殿 ─ 太陽王のための、豪奢な避難宮殿。

フランス王ルイ14世からインスピレーションを得た、バイエルンのメルヘン王ルートヴィヒ2世は、キームゼーという湖に浮かぶ牧歌的な島ヘレンヴェルトに、1878年から豪華な宮殿を建造しました。今日この宮殿は、世界中から年間100万人の観光客を集めています。

86
フッゲライ
貧者のためのきれいな住居:フッゲライ

裕福な商人ヤーコプ・フッガーは、1516年に住宅団地フッゲライを建設しました。 勤勉で借金がなく貧乏になった市民が入居でき、食器までそろった住居をあてがわれました。 フッゲライは8つの小路と3つの門がある町の中の町で、三階建67軒の家に147の住居が並び、教会や噴水、塀、城門があり、現在でも22時になると夜警が門を閉めます。 年間家賃は暖房費なしで今でも1ライン・グルデンです:88セント。

87
ドイツ・レゴランド
ドイツ・レゴランド ─ 非常に美しいブロックに感嘆する。

バイエルン州ギュンツブルクには、誰もが真のヒーローになれる国が存在します。それがドイツ・レゴランドです。 8つの魅力溢れるアドベンチャー・ワールドでは、50以上の素晴らしいアトラクションやライド、ライブショー、そして各種模型 ─ 5000万ピースをはるかに超えるレゴブロックを用いて、細部に至るまで忠実に作られた模型 ─ が訪問者の “征服” を待っているのです。

88
ハイニッヒ国立公園
ハイニッヒ国立公園 ─ ドイツ中央部の原生林

テューリンゲン州西部のハイニッヒ国立公園は、ヨーロッパブナが圧倒的多数を占める森林地帯で、かつては軍事立入禁止区域でした。今日では、 (連続したものとしては) ヨーロッパ最大の広葉混交樹林とされ、「ドイツ中央部の原生林」とも言われています。

89
Harbor Worlds Museums Bremerhaven
ブレーマーハーフェンのハーバーワールド: 港の文化を新たに知る

海の町ブレーマーハフェンは新たな歴史の一章を開きます:市内のヴェーゼンダイヒ、旧港と新港の地域の周りに、航海に関する「ハーバーワールド・ブレーマーハーフェン」を造りました。 気候ハウス®やドイツ移民ハウス®、それに海の動物園、ドイツ航海博物館の展示品である潜水艦「ヴィルヘルム・バウアー」、ホテル、高級レストランといった他にはないアトラクション一杯のブレーマーハーフェンの新しい中心です。 2009年6月にすべての設備のメガプロジェクトは完成-この施設だけで年間百万人のビジターがあります。

90
官庁街
権力のエレガンス:官庁街

以前と現在の官庁街と大使館街を通るヴィルヘルム通りは、ブランデンブルク門と帝国議事堂に通じています。 既存の建物と新しい建物がうまく結びつき、首相官邸をはじめ省庁の建物は、りっぱであるけれど拒まないエレガンスを放っています。 ここからベルリンの大切な見どころ帝国議事堂、現在の連邦議会議事堂が目に入ります。 英国のスター建築家ノーマン・フォスターの作品であるガラスの丸屋根は、世界中から観光客をひきつけています。

91
ベルンカステル=クースのクリスマスマーケット
ベルンカステル=クースのクリスマスマーケット

歴史的な木骨家屋と美しい市庁舎を背景に、旧市街の広場や狭い路地に立つクリスマスマーケットが、ロマンチックで華やかな雰囲気を漂わせます。見所としては、巨大なアドベント・カレンダー (クリスマスまでのカレンダー) 、モーゼル川での松明水泳 (サンタクロースがボートで同行) 、聖ニコラウス (ドイツ版サンタクロース) によるガイドツアーなどが挙げられます。

92
カールスルーエ宮殿
バーデン地方のヴェルサイユ:カールスルーエ宮殿

バーデン・ドゥルラッハ公カール・ヴィルヘルムが1715年に宮殿の礎石を置いたときが、カールスルーエの誕生した瞬間でした。 公の願いにより、ルイ十四世がヴェルサイユでしたように、手つかずの自然であったハルトの森の真ん中に宮殿の建造を計画しました。 宮殿から放射線状に道路と並木道が敷かれました-力と完全性の象徴。 1918年までバーデン辺境伯家、後のバーデン大公家の宮殿として使われてきました。 現在はこの豪華な建物にバーデン州博物館と一部連邦憲法裁判所が入っています。

93
ユネスコ世界遺産「ワイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群」
ワイマールとデッサウ、ベルナウのバウハウスとその関連遺産群

バウハウスは造形大学として、20世紀の芸術および建築の思想や作業において、世界規模の革命を引き起こしました。ワイマールとデッサウ、ベルナウにある当時の建物やミュージアム、展示場では、多大な影響をもたらした、近代の礎石というべきものを垣間見ることができます。

94
ドイツ・アルペン街道
ドイツ・アルペン街道 ─ メルヘンさながらの “最高峰ルート”

ドイツ・アルペン街道 ─ 車窓にはスペクタクルな風景が!南バイエルン山岳地帯の壮大な自然の中を走る、パノラマ・ツアーにようこそ。ドイツ・アルペン街道は、ボーデン湖畔のリンダウからケーニヒ湖畔のベルヒテスガーデンまで続く、全長約450キロメートルのルートです。交通手段が自動車でも自転車でも徒歩でも、このルートを心から楽しめるようなら、 “最高のもの” を体験できることでしょう。

95
Geierlay rope bridge
Spectacular views: Geierlay rope bridge now open

At a height of 100 metres, Germany's second longest rope bridge opens up a unique view of the Hunsrück mountains to walkers and nature enthusiasts.

96
ヘルゴラント島
ヘルゴラント島: “外洋” にある保養の島

ドイツ本土から70キロメートルも離れた場所にあるヘルゴラント島では、彩色砂岩の断崖が、海面から突き出ているように見えます。 類い稀な自然と温暖な海洋性気候が特徴となっている島です。

97
ミューリッツ国立公園
ミューリッツ国立公園 ─ 見渡す限りの湖沼地帯

北ドイツ低地のメクレンブルク湖沼地帯で、最大にして最も有名な湖ミューリッツの東には、ミューリッツ国立公園が広がっています。そして、130以上の湖沼と非常に古いブナ林、神秘的な湿原からなる、広大で美しい湖沼地帯を、計660キロメートルの道路が網羅しているのです。

98
屋内市場 シュトゥットガルト
屋内市場 : ユーゲントシュティール様式のグルメのパラダイス

シュトゥットガルトの屋内市場マルクトハレンは1914年にユーゲントシュティール様式で建てられ、この時代のもっとも美しい建物のひとつです。 中に入ると異国の香辛料の匂いがし、さまざまな文化の雰囲気が混ざって漂い、3,000平米の広さに店が軒を連ねています。 ここでは毎日花、果物、野菜、魚、肉、ベーカリー製品が売られています。 グルメのパラダイスで美味しいミルクコーヒーを飲みながら、あるいはレストランでシュワーベン地方料理を味わいなながら、ゆったりと活気あるにぎわいをウォッチできます。

99
Berlin Zoo
The zoo in Germany's capital Welcome to one of the most bio-diverse zoos in the world.

More than 18,000 animals captivate visitors in the heart of Berlin. The exotic animal houses and naturalistic enclosures are home to rare animals such as gorillas and kiwis.

100
Island of Sylt
ズュルト島:北海の女王

ズュルト島は、美食やウォータースポーツを愛する人々が好んで訪れる、北フリースラント諸島最大の島です。 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の沿岸部に位置し、ウェルネスの分野でも様々なサービスが提供されています。

2018年のドイツ旅行における、個人的なハイライトを選んでください!

Lake Forggensee