• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

ブラウンシュヴァイク:獅子と科学者の都市。

ブラウンシュヴァイクは、伝統的であると同時に近代的な大都市で、豊かな歴史を伝える印象的な建築物、そして数世紀にわたって魅力を保ってきた美しい市街地があります。 その一方で、「ハッピー・リッツィ・ハウス」のような現代建築、活発なアート&カルチャー・シーン、さらには広大な公園も、この都市の魅力として挙げられます。

ブラウンシュヴァイクの歴史は、ヴェルフ家と密接な関わりがあります。12世紀にハインリヒ獅子公が居城を構えたことで、ブラウンシュヴァイクはハンザ同盟都市に、そして強力な交易中心地になりました。 今日では、ダンクヴァルデローデ城と聖ブラジイ大聖堂、ブルク広場のライオン像が、この偉大な人物を偲ばせています。 やはりヴェルフ家出身のオットー4世の治世下に、ブラウンシュヴァイクは帝都とされ、ヨーロッパの主要都市に数えられるまでになりました。 ヴェルフ家は、建築主として、あるいは科学や芸術のパトロンとして、20世紀まで都市の発展に尽くしてきました。 このため、市内に居住する知識人たちの数も多く、彼らがブラウンシュヴァイクを ─ 今日そうであるような ─ イノベーションの中心地に押し上げたのです。 ブラウンシュヴァイクにおいて研究と開発は最重要分野であり、国際的な研究所の拠点が多数置かれていますし、2007年からは「科学都市」という名称を冠しています。

とはいえ、この都市が昔から芸術に胸を高鳴らせてきたのも事実です。 たとえばアントン・ウルリヒ公美術館は、ドイツ屈指の古美術コレクションを擁しており、ニーダーザクセン州で最も重要な美術館とされています。 本館は改築工事により2015年まで閉鎖されていますが、コレクションの一部と特別展はダンクヴァルデローデ城で目にできます。 “新たな芸術” においては、州立劇場や多数の民営劇場、そして様々な芸術家グループが、この都市の文化風土に理解を示しながら、多様でレベルの高い文化体験を提供しています。 ブラウンシュヴァイクでは、ショッピングもまた高いレベルにあります。きれいな市街地を散策しながら、 “インターナショナル・レベル” の買い物を楽しんでください。 建築において “インターナショナル・レベル” のものは、マグニ地区の小さな広場アッカーホーフで目にできます。アメリカ人の建築家ジェームス・リッツィによる、かなりクレイジーな作品「ハッピー・リッツィ・ハウス」に目を見張ってください。 ちなみに、市内にはドイツ最古と推測される木骨家屋もあります。 コントラストは、ブラウンシュヴァイクに典型的な特徴といえます。ここでは、古いものと新しいものが、全く自然に調和しているのです。 あなたも、そのような中に身を置いてみてください。

都市の見どころ

ブラウンシュヴァイクの紋章の動物がライオンであるのは驚くことではありません:1166年に鋳造されたブロンズ像の城のライオンは、かつては金箔を施してあり、ハインリッヒ獅子王が力と裁判権を象徴するものとして立てたものです。 ライオン像はロマネスク様式彫刻の傑作とされ、おそらくブラウンシュヴァイクで鋳造されたもので、アルプス以北では最初の記念碑的な野外彫像です。 オリジナルはダンクヴァルデローデ城で見ることができます。 ブルク広場に立つ像はレプリカです。

歴史あるマグニ地区の端に、世界的に有名なニューヨークの建築家ジェームス・リッツィが建てたハッピー・リッツィ・ハウスがあります。 画商オラフ・イェンシュケと建築家コンラート・クロースターのイニシアチブで二年掛かりで実現しました。 笑うからカラフルなタワーを三次元建物で実現し、人が入る彫刻建築になっています。 建物は現在オフィスビルとして使用され、見学には解放されていませんが、見ておく価値十分です。

ブラウンシュヴァイク宮殿は第二次世界大戦で著しく破壊され、1960年に完全に撤去されました。 撤去後27年過ぎた2007年に、宮殿の正面ファッサードを 残っていたオリジナルの600の部分を使って再建しました。 ヴェルフェン王朝の居城は、昔の設計図と写真に基ずいて寸分たがわぬ大きさで、歴史的な場所に再現されました。 宮殿によく見られるように、宮殿正面の柱の入り口に四頭立て二輪馬車のクアドリガの像があり、市の守護神ブルノニアが乗るヨーロッパ最大のクアドリガです。

ブラウンシュヴァイクの歴史的な楽器のコレクションは、国際的にも第一級のものです。

バイオリンやマンドリン、ギター、ハープ、鍵盤楽器など素晴らしい展示品があり、とりわけ鍵盤楽器は、ブラウンシュヴァイク地方のピアノ製造の伝統を見事に反映しています。 さらに、ツィンク (金管楽器の一種) やホルン、トランペット、フルート、クラリネットといった吹奏楽器もあります。また、プロイセン王フリードリヒ2世のフルートや作曲家ルイ・シュポーアが若い頃使っていたバイオリン、ハインリヒ・シュタインヴェーク (英語名ヘンリー・スタンウェイ) によるスクエアピアノ (1835年) 、有名ピアニストだったクララ・シューマンが所有していたハンマーフリューゲル等が、コレクションに含まれています。

他を表示