• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

ポツダム:宮殿と湖の間に広がる庭園都市。

かつてプロイセン王国の居城都市だったポツダムは、とりわけ文化遺産で広く知られており、類い稀な宮殿や庭園が数多く残っています。 プロイセン王国の栄華、偉大な建築家や科学者の都市としての伝統、冷戦時代における東西両陣営の接点……ポツダムは、息を呑むような文化と歴史を今日に伝えています。

300年前、駐屯地だったポツダムは、ヨーロッパ有数の華麗な居城都市に姿を変えました。 歴代のプロイセン王、中でもフリードリヒ・ヴィルヘルム1世とその息子フリードリヒ2世 (大王) が、ポツダムおよび周辺地域に “バロックの夢” を実現し、その後継者たちも擬古典様式の大規模建築物で、壮大な都市風景を創ってきたのです。 ポツダムの文化景観は、はやくも1990年に ─ 東西両ドイツの共同申請によって ─ ユネスコ世界遺産に登録されています。このとき対象となったものとしては、サンスーシ庭園や新庭園、バーベルスベルク地区、グリーニケ地区、孔雀島 (および島上の宮殿) などが挙げられます。 1992年にはザークロウ宮殿と庭園、ハイラント教会が追加され、さらに1999年にはリントシュテット宮殿と庭園、プフィンクストベルクのベルヴェデーレ、カイザー駅、バーベルスベルク公園の天文台など、計14の物件がリストに加えられました。 cこの世界遺産には、500ヘクタール余りの公園、そして1730年から1916年までに造られた計150の建築物が含まれています。 ポツダムの歴史的中心街を散策するなら、アルター・マルクト広場からスタートするのがベストでしょう。 ここでは、聖ニコライ教会とルストガルテン、旧市庁舎、そして再建された市宮殿 (将来の州議会) が、荘厳なアンサンブルを形成しています。 アルター・マルクト広場の中央に立つのは、ポツダムの偉大な建築家たち ─ クノーベルスドルフとシンケル、ゴンタルト、ペルシウス ─ のポートレートが刻まれた、高さ16メートルのオベリスクです。 17~18世紀に建設されたノイアー・マルクト広場は、家並みの背後の目立たない場所 ─ いってみればアルター・マルクト広場の裏側 ─ にありますが、ヨーロッパで最も保存状態が良いバロック広場のひとつとも、おそらくはポツダムで一番美しい広場とも評されています。

アルター・マルクト広場の周辺部では、旧馬車厩舎内のブランデンブルク・プロイセン歴史館も一見の価値があります。次の目的地ルイーゼン広場は、バロック様式のブランデンブルガー通りとサンスーシ公園入口に続く並木道が接する場所です。 この先では、古のポツダムを代表する、3つの壮麗な市門が美を競っています。ブランデンブルク門は、七年戦争の勝利を記念する凱旋門で、イェーガー門は、市内北部にある選帝侯のイェーガーホーフ (狩猟用の館) から名付けられました。そしてナウエン門は、英国風ネオ・ゴシック様式による見事な建造物で、現在はポツダム市民に人気のミーティングポイントになっています。 ナウエン門を抜けてオランダ人街に入ると、とても感じの良い雰囲気&ライフスタイルが広がります。ここでは、丹念に手入れされた裏庭や小綺麗なカフェ、ちょっとクレイジーなクナイペ (ドイツ風居酒屋) 、アヴァンギャルドな画廊などが、観光客を散策や休憩に誘っています。 ポツダム観光で外せないのが、美しい旧型蒸気船に乗って市内の湖を巡る、水上遊覧です。 ルートによってはグリニケ橋の下も通ります。これは、ポツダムとベルリンを結ぶ橋で、1980年代までは東西陣営間でエージェントやスパイの交換が行われていました。 この橋から南西方向の、さほど離れていない場所には、ハンス・オットー劇場のセンセーショナルな建物 ─ 赤い色をした巨大なコンクリート製ボウルが突き出たような建物 ─ があります。 そしてバーベルスベルクでは、誤って映画の中に入り込んでしまわないようにご注意ください。この地区には、ヨーロッパ最大にして最古の映画撮影所があり、これまで3千本以上の映画やTVドラマが製作されてきました。また、3月から10月まではフィルムパークで、 “ドイツ夢工場” の魅惑の世界をのぞき見ることもできます。 もっとも、そもそもポツダム自体が夢であり、しかも現実に存在しているのですが……。

都市の見どころ

グリニケ橋の名前は、橋の近くに昔あった小グリニケ農場に由来するもので、その場所には現在グリニケ宮殿が立っています。 橋はハーフェル川に架かり、ベルリンとポツダムを結んでいます。 1952年まで「統一の橋」と呼ばれていましたが、通行許可証なくしては渡れない橋で、 1989年11月18日までここには東西ドイツの国境歩哨が立っていました。 この橋が世界的に知られるようになったのはセンセーショナルな1986年 2月11日のスパイ交換でした。 橋のところには統一後に記念額が、そして 1999年11月10日にブロンズ製の女神ニケ89が据えられました-ふたつともベルリンの壁崩壊を思い起こさせるものです。

かつての駐屯地ポツダムの「必見の名所」として、1990年に世界文化遺産となったサンスーシー宮殿が筆頭に挙げられます。 「プロイセンのヴェルサイユ」といわれるロココ宮殿ですが、フリードリッヒ大王は愛犬と一緒に夏だけ過ごすぶどう畑の小さな館を建てたいと考えていたようです。 今日、旅行者はサンスーシー宮殿でブランデンブルク・プロイセンの芸術、文化、建築の歴史の中へタイムトラベルをすることになります-新宮殿、ツェツィーリエンホーフ宮殿、バーベルスベルク宮殿、そのほかもろもろのプロイセンの遺産の場所でも。 もっと読む

東ドイツのブームとなっている光景を見たかったら、シフバウアーガッセの敷地を訪ねるとよいでしょう。 ティーファー湖に面する12ヘクタールの敷地に活発なシアターとアートの世界が定着し、さらにフォルクスワーゲンとアメリカのソフトウェアの企業がここに拠点を構え、後者はかつてのガス工場の修復したコークス分離工場に入っています。 洗濯場ヴァッシュハウス、機械ホール、軽騎兵うまやといった文化財保護下の建物は、丁寧に修復され、芸術家がアトリエや展示ルームとして使用しています。

ファンタジー映画が生まれ、ドイツ最初の音声映画が製作され、「青い天使」が漂い、映画「フォイヤーツァンザンゲボウレ」が古典になったバーベルスベルクには、何百万というビジターが訪れるようになりました。 10年以上も前からバーベルスベルク映画パークは、映画とテレビのワンダーランドになっています。 ここではショーやテレビ放送や映画がどのようにして製作されるか、ライブで体験することができます。 毎日2,500人の観客が、観覧席から特殊効果やアクションシーンを目を丸くしながら楽しんでいます。 映画パークではアトラクションやライブショーを見るために、数時間の時間を用意してくることをおすすめします。

他を表示