• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ヴュルツブルク:世界文化とフランケンワイン。

ヴュルツブルク:世界文化とフランケンワイン。

ヴュルツブルクは、歴史と文化、そしてワインが見事に結びついているところです。 レジデンツと大学の都市ヴュルツブルクでは、マイン川の両岸に絵のように美しい街並みが広がり、活気のある雰囲気と愛すべき魅力が満ち溢れています。 フランケン地方を代表するワイン生産地として、類い稀な観光名所のある街として広く知られています。

かつては司教の、現在は大学の都市であるヴュルツブルクは、南国の香りとフランケン的な “くつろぎ” を併せ持つ都市です。 様々な時代の卓越した建造物が都市景観にアクセントをつけ、芸術と文化、フランケンワインが市民のライフスタイルに取り込まれて、あらゆる感覚を喜ばせるような雰囲気が醸されています。 ヴュルツブルクは、時代や様式を巡る、スリリングでエキサイティングな発見の旅に誘います。その際、天高くそびえる聖キリアン大聖堂の2本の塔は、遙か遠くからでも都市の位置が分かる、道標のようなものです。 この大聖堂は、全長105メートルにも達する、ドイツで4番目に大きなロマネスク教会で、司教ブルーノによって1040年に建造されました。 さらに、ユネスコ世界遺産のレジデンツ (庭園群と広場を含む) とマリエンベルク要塞、全長180メートルで見事な聖人像が立つアルテ・マイン橋 (旧マイン橋) も、ヴュルツブルクの象徴として知れ渡っています。 もうひとつの象徴と言えるのがロケーションです。牧歌的なブドウ畑の中、マイン川の両岸に広がる優美な街には、訪れてみたいと思わせるだけの魅力があるのです。 そして、この地で栽培・醸造されるワインもまた、象徴のひとつに数えられるでしょう。 瓶を横に潰したような、平べったい形のボックスボイテルは、フランケンワインのトレードマークになっています。 この瓶の形状が、昔の水筒から来ているかどうかは定かではありませんが、ボックスボイテルにはひとつ利点があります ─ 瓶を倒してしまっても、転がらないのです。 フランケン地方の郷土料理を出す、伝統的なレストランや古風なワイン酒場、そしてインターナショナル・レベルのグルメレストランが、市内の至る所にあります。 食事の際に注文するのは、もちろんボックスボイテルです ─ そうでなければ、ヴュルツブルクに来た意味がありません!

14世紀以来ヴュルツブルクの中心部にあるビュルガーシュピタールは、介護の必要な人々を対象とする慈善施設ですが、ワイン醸造の伝統を守り続けてきた場所でもあります。 ボックスボイテル発祥の地ともされるワイナリーは一見の価値がありますし、 同じく市街地で営業しているレストラン “ビュルガーシュピタール・ワインシュツーベン” は、フランケンワイン文化の中心的な存在です。 文化といえば、市内には特筆に値するミュージアムがあります。 そのうちのひとつは、マリエンベルク要塞のマインフランケン博物館で、有名な彫刻家ティルマン・リーメンシュナイダーの世界最大のコレクションを所蔵しています。 この偉大な芸術家の作品は、過去数世紀の絵画と彫刻300点余りを展示する、大聖堂博物館でも目にできます。 その大聖堂博物館には、魅力的なコンセプトが隠されています:キリスト教をテーマにした近現代の芸術作品、たとえばエルンスト・バルラハやヨーゼフ・ボイス、オットー・ディクス、ケーテ・コルヴィッツ、ヴォルフガンク・マットホイアー、ヴェルナー・テュプケ、アンディ・ウォーホルらの作品を、ティルマン・リーメンシュナイダーやゲオルク・アントン・ウアラウプ、ヨハン・ペーター・ヴァグナー、ヨハン・ツィックといった、歴史的な巨匠たちの傑作と直接対比させているのです。 比較的新しい作品を集めているのが、旧港にあるクルトゥーアシュパイヒャー美術館で、3,500平方メートルのスペースに、19世紀から現在に至る作品が展示されています。 世界による、世界のための芸術:ミュージアムを対象とする賞に輝いたこともある、クルトゥーアシュパイヒャー美術館におけるルッペルト・コレクション ─ 類い稀な環境の中の具象芸術 ─ が、まさしくこれに当たるでしょう。 そして古典古代の美術品は、マルティン・フォン・ヴァグナー博物館で目にできます。 レントゲン線 (X線) はヴュルツブルクで発見されたものですが、これが芸術と関連があるとは思いもよらないはずです。 もっとも、説明を聞けば誰もが納得します:ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン博士の発明は、これまで数々の芸術作品の分析や保全に貢献して来たのです。 オリジナルの姿に留められた、レントゲン博士の研究室を見学したら、一度ヴュルツブルクを徹底的に “検査” してみてください。

都市の見どころ

ヴュルツブルクの領主司教の居城レジデンツは、1780年に完成し、ヨーロッパでもっとも重要なバロック様式宮殿のひとつとして有名です。 当時としては特別な内装のために、欧州各地から招聘された芸術家と工芸職人が三代にわたって従事しました。 1751-53年にベニスのジョヴァンニ・バティスタ・ティエポロが描いた皇帝の広間と階段の間の天井フレスコ画は、最高傑作とされています。 レジデンツ宮殿のほかに宮廷教会と豪華な内装の計40の部屋が見学でき、18世紀の家具、手編み絨毯、絵画、その他の美術工芸品が 多数あります。 もっと読む

マイン川の上に力強く優美に聳えるマリーエンベルク要塞は、初めはルネッサンス様式の宮殿として築かれ、後にバロック様式の要塞に改築された中世の城の典型です。 ドイツでもっとも古い支配者の居城のひとつです:すでに紀元前千年頃、ここにケルト人の避難用要塞があり、706年にその場所にマリア教会が建立され、1200年頃に城が築かれました。 城の中庭にある領主館博物館には、貴重な家具、タペストリー、絵画があり、さらに領主広間と領主宝物殿を見ることができます。

ヴュルツブルクのど真ん中に立つ夢のように美しい屋敷にあるビュルガーシュピタールは、-「ボックスボイテル平べったい丸型瓶の生まれた所」として知られています-近代的で、品質と伝統を守る700年の歴史あるトップワイン醸造所です。 いろいろな大きさの丸天井の部屋があり、これが特色となっています-星の部屋、古きワイン部屋、悪魔のセラー等々。 ここのワインセラーにはドイツ樫製の220の古い木樽があり、ドイツ最大の木樽セラーのひとつで、ここに入ると古き良き時代にいるようです。 このセラーの丸天井トンネルには75万リットルのワインが貯蔵されています-1893年のワインから若いワインまで。

旧市街の端に、かつて港湾関係の建物だったクルトゥーアシュパイヒャー (文化倉庫) があり、中には美術館の他にボックスホルンとタンツシュパイヒャーが入っています。

ボックスホルン (山羊の角) は、カバレット (寄席芸) やシャンソン、音楽が主で、出演者のほとんどは、ある程度知名度のあるアーチストたちです。 タンツシュパイヒャー (ダンス倉庫) はイベント会場であり、専属アンサンブルの公演の他に、客演も行われます。 美術館は、3,500平方メートル余りのスペースに、19世紀から21世紀までの作品、そしてP.C.ルッペルトが収集した具象作品のコレクションを公開しています。

他を表示