シュトゥットガルトメッセ
シュトゥットガルトメッセ ©Messe Stuttgart

シュトゥットガルトメッセ

シュトゥットガルトは、その完璧な立地、アクセスのしやすさ、インフラのために、2007年の秋以降、ヨーロッパで最も近代的であり、建築様式の面で最も野心的なメッセと会議の中心地です。

歴史の新しいシュトゥットガルトメッセは、輸出性向が強いバーデンヴュルテンベルク州の経済の促進剤です。 「市場の中心」にあるシュトゥットガルトメッセは、サービスに力を入れて、需要と供給を安定させています。 ここでは、毎年約40の独自のメッセや展示会が開催されています。 また、加えて約20の一般向け催事、多くの会議、業界関係者集会、企業プレゼンテーションなどのイベントも行われています。

シュトゥットガルトメッセのハイライトは、ブラインド、門、日よけの世界メッセであるR+T、工作機械のメッセであるAMB、ヨーロッパ最大の観光・レジャーの一般向けメッセであるCMT、INTERVITIS INTERFRUCTA(ワイン醸造/フルーツジューステクノロジー)、Intergastra、Interbad、クラシックカーメッセであるRetro Classicsです。 重要な一般向けメッセには、Motek、Control、Blechexpo、Medtec、LogiMAT、Automotive Engine Expoがあります。

2007年の新敷地の落成式以来、シュトゥットガルトメッセの売上と出展者数は2倍になりました。このメッセは、稼働率やエコロジーの点ではドイツで1番です。 敷地の半分以上が緑化され、ホールの屋根やアウトバーンA8にあるBoschパーキングビルに取り付けられた太陽電池は1,350世帯分の電力を供給しています。

数値で見る概要

  • 利用できるホール面積:105,200㎡
  • 利用できるオープンスペース面積:40,000㎡
  • 出展者数:19,112
  • 来訪者数:114万
  • メッセ数:62
  • 強い分野:ハイテク、機械工学、手工業

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました