観光の国ドイツ ─ すべての人が楽しめる休暇

ビジネスでもプライベートでも:ドイツなら障害のある方や移動に制限のある人も、のんびりと休暇を過ごしたり、成果の多いビジネス旅行を実現できます。

障害者だけでなく、幼児同伴の家族や老人、スポーツ負傷者など、移動に制限のある旅行者も、バリアフリーでドイツを体験できます。 バリアフリーの旅は、ドイツ到着前から始まります。ルフトハンザ・ドイツ航空は、空港内だけでなく目的地でも、移動に制限のある方をサポートしています。 たとえば、薬や健康についての情報を伝えるなど、出発のかなり前から乗客のケアを行っているのです。 頻繁に旅行する人は、ルフトハンザのフリークエント トラベラー メディカルカード (FREMEC) を持つと便利です。 エア・ベルリンでも、移動に制限がある方々に、細心のサービスを提供しています。 空港到着時には、様々なサポートを行うべく、特別訓練を受けたスタッフが待機しています。

鉄道旅行者にはドイツ鉄道の電話サービスが、重要な情報や案内を24時間提供しています。 さらに、多くの都市の近距離公共交通機関ではバスや電車の乗車補助を行っており、事前に予約すればエスコート・サービスも利用できます。 自動車で旅行する際には、たとえば特別駐車許可 ─ 障害のあるドライバーや障害者を同乗させているドライバーのためのもの ─ を利用できます。 この結果、ホテルや観光スポット、会議場などへのアクセスが容易になります。

移動に制限のある旅行者の方も、ドイツに到着したら、多数のバリアフリー宿泊施設で快適にお過ごしください。これらは、ドイツ・ホテルレストラン協会DEHOGAドイツ・ホテル協会のリストですぐに見つけられます。

旅に出たからには、何かしら見聞したいものです。多くの都市や地域が、障害のある方のために、特別なプログラムを用意しています。 気に入るものが、必ず見つかるはずです。 ハウスボートや自転車で、湖沼地帯の手つかずの自然を満喫したり、古い宮殿を見学したい人には、たとえばブランデンブルク州がぴったりです。 市内観光から浜辺での保養、緑の中でのアクティブ休暇にいたる、様々なエクスカーションが、ドイツ・バリアフリー・デスティネーションズのメンバーによって提供されています。

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました