視点11 : リューゲン島。目にも鮮やかな白亜岩とエレガントなプロムナード。
視点11 : リューゲン島 ©Dirk Wiedlein

視点11 : リューゲン島。目にも鮮やかな白亜岩とエレガントなプロムナード。

25年前の壁崩壊によって観光の国ドイツに含まれるようになったリューゲン島は、国内に51ある島の中で最大のものです。その象徴となっているのは、遠くからもよく見える白亜岩の岩壁です。それとも、高級海水浴場に聳える擬古典様式の建築物でしょうか? あるいは、果てしなく続く砂浜かも知れません。これらは全て、類い稀な魅力で人々に感激をもたらす、島の財産なのです。たとえば、リューゲン島で最も古い海水浴場プトブスは、擬古典様式の建物によって、多くの観光客を惹き付けています。

さらなる視点 :

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました