視点17 : ルール地方。炭鉱地帯が文化首都に。
視点17 : ルール地方 ©Dirk Wiedlein

視点17 : ルール地方。炭鉱地帯が文化首都に。

1989年に壁が崩壊した時、ルール地方にも新たな地平線が開けていました。このヨーロッパ最大規模の産業地帯では、息を呑むような変遷が、数十年にわたって続いていたのです。1960年にはまだ多数の立坑櫓が風景を特徴づけていた場所に、今日では動植物相と共に文化が繁栄しています。この変遷のマイルストーンになったのが、地域としては初めての、2010年「欧州文化首都」への選出でした。

さらなる視点 :

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました