視点2 : ドイツ再統一。歴史の証人となった塔。
視点2 : ドイツ再統一 ©Dirk Wiedlein

視点2 : ドイツ再統一。歴史の証人となった塔。

ドイツの分断と再統一は、世界を震撼させた、2つの事件が原因となりました : すなわち、1961年8月13日の壁建設と1989年11月9日の壁崩壊です。当時の写真や映像は、世界中を駆け巡りました。今日では遺跡が、約30年の分断を伝えています。そのうちのひとつが、ポツダム広場にある旧東ドイツの国境監視塔です : この手のものとしては、現存する唯一の国境監視塔であり、個人のイニシアティブによって修復されました。ひとつの国家及び国民の歴史を物語る存在として、たくさんの人々を惹き付けています。

さらなる視点 :

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました