視点6 : バウハウス。世界中が認めた造形表現。
視点6 : バウハウス ©Yvonne Tenschert, 2009, Stiftung Bauhaus Dessau

視点6 : バウハウス。世界中が認めた造形表現。

指針となるデザインを求めていた人々は、25年前のドイツ再統一以来、新たな目的地を見いだしました : それがバウハウスの “首都” デッサウです。ヴァルター・グロピウスが設立した造形大学は、古典的近代におけるアヴァンギャルドとしての痕跡を ─ ミュージアムや「親方の家」という形で ─ この地に残しました。

さらに、バウハウス発祥の地ワイマール (ヴァイマル) やベルリン、シュトゥットガルトでも、バウハウス関連の博物館やジードルング (集合住宅) を通して、なぜ立方体の機能主義建築物が、今日なお世界中のデザイナーたちの手本となっているのか、垣間見ることができます。

さらなる視点 :

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました