ベルリンの壁の道
選択

歴史的なコースで、東西ドイツの分断を知る

ベルリンの壁は、28年にもわたってドイツの首都を分断してきました。 今日では、わざわざ見に行かなくてはなりません。 かつての国境施設の残骸を見る一番良い手段は、自転車で痕跡を探すことです。

ベルリンの壁の道を進むと、東西間の「冷たい戦争」の記憶が絶えず顔を出してきます。 このコースは、たいてい西側の「税関の道」と東側の「縦隊道」 ─ かつて東ドイツの国境警備隊がパトロールに利用していた道 ─ を走ります。 周回コースは、今日のベルリン中心部を縦断し、かつての市境界線をなぞるようにして、最後に残った監視塔や博物館、記念の場所の傍を通っています。 この劇的な歴史と自然との組み合わせにより、ベルリンの壁の道は市内テーマツアーでであると同時に、風景的に魅力溢れるルートにもなっています。 特徴:全行程に標識が設けられ、市境界線コース (ベルリンの周囲を通るコース) は広い範囲で自動車交通がありません。 このサイクリングロードは、おおむねフラットな土地を通っており、ほとんどの部分はアスファルト舗装がなされていますが、いくつかの区間は砕石舗装されているか、歴史的なコンクリート製プレートが敷かれています。 風景:ベルリン中心部を縦断するコースから、緑の中や水際を走る静かで魅力溢れるコースへと変化します。 まだ壁の痕跡が見つかるような、歴史的に興味深い区間が数多くあります。

距離: 160キロメートル、周回コース

コース情報: おおむね平坦な土地で、子供連れでも十分に走行可能。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました