ディーメル・サイクリングロード
選択

川沿いをリラックスして

ディーメル・サイクリングロードでは、青銅器時代にまで遡る歴史が、至る所に息づいています。 そして、のどかで自然が豊かなルートと組み合わされています。

ヴィリンゲンをスタートして間もなく、森林に覆われた山斜面の中にディーメル湖が現れます。釣り師やウォータースポーツ・ファンにとってのミーティング・ポイントであり、サイクリングロードにとっては素晴らしい舞台背景となる湖です。このルートは、ディーメル湖のすぐ横を通っています。 マールスベルクの町では、中世の趣がある旧市街が待っており、その後には通商都市ヴァールブルクが続きます。 リーベナウ近郊には青銅器時代の古墳と (そして当然のように) 古城もあります。トレンデルブルク城は、同名の地域を監視するためのものです。ヴュールメルゼン水城とクルーケンブルク城は、ディーメル渓谷のアクセントになっています。この長距離サイクリングロードは、ヴェーザー河畔のバート・カールスハーフェンまで、さらにディーメル渓谷を下ります。 特徴:ディーメル・サイクリングロードは、たいていはアスファルト舗装された、コンディションの良い道で、川沿いを通っています。 走りやすく、坂道はほとんどありません。 ルートを通して、交通によるストレスはごくわずかです。 風景:ルートは、ディーメル湖自然公園の傍を通って、ディーメル貯水湖の周囲を走り、一部密集した森林に覆われた、緩やかな起伏のある中級山岳地帯を抜けて、ディーメル川とヴェーザー川の合流点まで続きます。

距離: 110キロメートル

起点: ヴィリンゲン=ウッセルン Willingen-Usseln

終点: バート・カールスハーフェン Bad Karlshafen

コース情報: おおむね平坦な土地で、子供連れでも十分に走行でき、ほとんどの区間はサイクルトレーラーの牽引も可能。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました