エムスラント・ルート
選択

自然と技術の間を走る

エムスラント地方のあらゆる面を知る:エムスラント・ルートは、石器時代から現代までのスリリングな歴史と広々とした自然とを結びつけています。

ライネからパーペンブルクに至る周回コースの前半は、エムス川に沿って走ります。 メッペンには様々な時代の建築物がありますし、船員の町ハーレンでは博物館船が過去を物語っています。 ドイツ最大の泥地帯は、かつてはぞっとするような場所でしたが、今日では自然保護・レクリエーション地域になっています。 後半は、石器時代の巨石記念物がある、森林やハイデ (原野) を通ります。 技術に興味があるなら、博物館鉄道や古い風車、パーペンブルクのマイヤー造船所などを訪問できます。 特徴:コースは、エムス川の流れに沿って、泥地帯や森林を通っています。 森林の多いヒュムリンクを過ぎると、草原や農場が広がるエムスラント地方南部です。 たいていはアスファルト舗装された道で、長い坂道はありません。 風景:周回コースの西側では川沿いの低湿地を、南西部では平坦な泥地帯を、いくぶん起伏のある北東部では密集した森林を、南部では農業が中心となる地域を通ります。

距離: 300キロメートル、周回コース

コース情報: おおむね平坦な土地で、子供連れでも十分に走行でき、ほとんどの区間はサイクルトレーラーの牽引も可能。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました