緑のルート
選択

3つの国の植物と動物、巻き上げ塔

わずか数十年前、ドイツ・ベルギー・オランダの3か国国境地帯を特徴づけていたのは鉱山でした。 緑のルートは、地域の産業記念物を、最近の自然と密着した生活と結びつけています。

自転車で「緑の大都市」を訪れるなら、この地域で全く新たな体験をすることになります。 デューレンからベルギー領ベリンゲンまで続く地域は、かつてヨーロッパ最大の炭坑地域でした。 鉱山の遺物は、今なお至る所で目にできます。 古い宮殿や博物館、鉱山労働者の住宅地が傍らを過ぎ去り、何度も炭坑跡にぶつかるのです。これらの炭坑跡は、今日ではレクリエーション公園などになっています。 ヘンク近郊では、修復された (炭坑の) 巻き上げ塔が印象的な姿を見せますし、ハッセルトでは日本庭園が休息をもたらし、ベリンゲンに行く途中では、かつての「ぼた山」でハイキングできます。 特徴:広範囲わたってフラットなコースで、大部分はアンカーポイント・システムで結ばれています。 いくつかの区間は起伏が多く、短いながらも急勾配の上り坂があります。 たいていはアスファルト舗装か砕石舗装が施された、自動車交通のない道を通ります。 風景:緑のルートは、3か国をまたぐコースで、草原や耕地、牧場に沿って走り、緑や森林に覆われた近郊レクリエーション地域や河川地域、かつての炭坑施設、ぼた山の傍を通ることになります。

距離: 370キロメートル

起点: デューレン Düren

終点: ベリンゲン Beringen (ベルギー)

コース情報: おおむね平坦な土地ですが、一部で起伏が多く、急勾配の上り坂もあります。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました