イルム渓谷サイクリングロード
選択

歴史の痕跡

イルム渓谷では、ヨハン=ヴォルフガング・ゲーテをはじめとする、真の精神的巨人が活動していました。 イルム渓谷サイクリングロードでは、ワイマール古典主義の痕跡や自然からインスピレーションを得ることができます。

ツーリングは、テューリンゲンの森のアルツナー・アム・レンシュタイクでスタートします。 自然の中を川沿いに走り、ワイマール古典主義ゆかりの場所でストップすることになります。 “古典主義とバウハウスの都” としてユネスコ文化遺産に登録されているワイマールが、文化に興味がある、世界中の人々を誘っています。 一方アポルダの博物館「古きDDR」では、DDR (ドイツ社会主義共和国=東ドイツ) 時代の社会主義の遺産を目にできます。 イルム渓谷の自然は、文化的な価値に勝るとも劣りません。ワイマールは比類のない公園であり、イルム低湿地は手つかずのままの状態なのです。 バート・ズルツァには800年以上にも及ぶブドウ栽培の歴史があり、自転車ツーリングの成功に乾杯するのにはもってこいの場所です。 特徴:たいていは平坦な土地で、ところどころに短い坂道があります。 自動車交通がない区間ばかりではありません。 道路は、おおむねアスファルト舗装されていますが、砕石舗装や石畳の場所もあります。 風景:森の多い中級山岳地帯、川沿いの低湿地、広々とした平地、公園、文化都市、ブドウ畑。

距離: 125キロメートル

起点: アルツナー・アム・レンシュタイク Allzunah am Rennsteig

終点: グロースヘリンゲン Großheringen/カーチェン=ヴァイヒャウ Kaatschen-Weichau

コース情報: おおむね平坦な土地で、一部起伏が多いものの、子供連れでも十分に走行可能です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました