自転車による産業文化の道
選択
Discover Germany by bike

Long-distance routes and tour tips

産業文化を経験する

「自転車による産業文化の道」では、ルール地方の歴史を自分の足で経験できます。 このルートは、ドイツでも珍しい自転車ツーリング・エリアで、150年にも及ぶ産業文化を経験するものなのです。

日帰りコースから数日間の周回コースまで、様々なツーリングが可能なルート構成になっています。 ルール地帯のトレードマークとなっている、溶鉱炉やガスタンク、炭坑、巻き上げ塔を、ごく間近で体験できます。 使われなくなった施設は、今日ではユニークな産業記念物になったり、芸術や文化、レジャー、アトラクション等の場となっています。 高さが117メートルあるオーバーハウゼンのガスタンクは、ヨーロッパで最も高い展示ホールです。 産業記念物と産業文化地域が組み合わされた、メトロポール (大都市圏) ルール地方を通るツーリングには、「体験そのもの」といった趣があります。 特徴:2本のメインコース ─ エムシャーパーク・サイクリングロードとルール地方周回コース ─ を核に、自転車ツーリング網を形成しています。 大部分は、かつての鉄道路線跡や川岸、森林の道、そして交通量の少ない一般道を通っています。 メインルート2本は、北南コースで接続されています。 おおむねフラットな土地で、アスファルト舗装と砕石舗装の道がほぼ半々です。 風景:「自転車による産業文化の道」は、ルール地方の産業文化の景観を、産業記念物や自然 ─ たとえばエムシャー風景公園、森林、河川、運河など ─ と共に紹介しています。

距離: 700キロメートル、自転車ツーリング網を形成

コース情報: おおむね平坦な土地で、子供連れでも十分に走行可能。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました