ライネ=ハイデ・サイクリングロード
選択

ライネ川からハイデ (原野) へ

ライネベルクラント地方から、リューネブルガー・ハイデを通って、ハンブルクまで:ライネ=ハイデ・サイクリングロードは、変化に富んだ土地と都市を結ぶルートです。 地域の歴史もまた頻繁に顔を出します。

ライネ川の源流は、テューリンゲンのオーク林にあり、その地域の風景は、森林に覆われた尾根に特徴づけられています。 ライネ=ハイデ・サイクリングロードは、川と共に小さな町を通り、かつての東西ドイツ国境に沿って進みます。 大学町ゲッティンゲンの後には、木組みの家が並び、人形劇場がある町ノルトハイムが現れます。 それからノルトハイム湖沼地帯が、湖水浴でリフレッシュするよう誘います。 ライネ川は、ハノーファーを通って、シュタインフーデ湖の近くを流れ、森林と湿地に特徴づけられたアラー=ライネ渓谷に入ります。 そして最後には、絵のように美しいリューネブルガー・ハイデを通って、ハンブルクの方向へ進むことになります。 特徴:ライネ=ハイデ・サイクリングロードは、大部分はアスファルト舗装された自転車専用道や一般道ですが、砕石舗装や未舗装の林道・畑道も通ります。 一部起伏が多く、自動車が通る区間もあります。 風景: 変化に富んだ中級山岳地帯やノルトハイム湖沼地帯、北ドイツ低地、アラー=ライネ渓谷、リューネブルガー・ハイデ、大都市ハンブルクを通るルートです。

距離: 410キロメートル

起点: ライネフェルデ Leinefelde

終点: ハンブルク Hamburg

コース情報: おおむね平坦な土地で、一部起伏が多いものの、ほとんどの区間はサイクルトレーラーの牽引も可能。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました