メックレンブルク湖沼サイクリングロード
選択

湖沼沿いに海まで

常に水際で:メックレンブルク湖沼サイクリングロードは、千以上の湖や池があるメックレンブルク湖沼地帯を通って、海岸に至るルートです。

リューネブルクをスタートして、エルベ渓谷自然公園を通り、ブレケーデではフェリーでエルベ川を渡ります。 ノイシュタット・グレーヴェを過ぎると、草原や池、森林などがある川辺の土地です。そしてリュープツの後には、プラウ湖とミューリッツ川が待っています。 湖沼地帯やミューリッツ国立公園を通る際には、ツルやミサゴ、オジロワシなどを観察できます。 さらに、ノイシュトレーリッツやノイブランデンブルクを経て、シュテッティン潟へと進みます。 ウゼドム島に到着したら、この長距離サイクリングロードも終わりです。そして視線を、バルト海や擬古主義様式の海水浴場建築物の上にさまよわせることになります。 特徴:この長距離サイクリングロードは、大部分がアスファルト舗装されています。おおむねフラットな土地も起伏の多い土地もありますが、急勾配の坂道はわずかしかありません。 自動車が通らない区間ばかりではありません。 風景:低湿地や乾燥高地のあるエルベ渓谷自然公園、そして草原や森林、並木道がある湖沼地帯を通ります。 さらに、ミューリッツ国立公園やシュテッティン潟、砂浜や断崖があるウゼドム島のバルト海沿岸が続きます。

距離: 640キロメートル

起点: リューネブルク Lüneburg

終点: ヴォルガスト Wolgast

コース情報: おおむね平坦な土地で、一部起伏が多いものの、子供連れでも十分に走行可能です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました