ルール渓谷サイクリングロード
選択
Discover Germany by bike

Long-distance routes and tour tips

ルール川と共にレヴィア (炭坑地域) へ

ルール渓谷サイクリングロードは、ザウアーラント地方からルール地方へと続く、全長230キロメートルのコースです。 ADFC (全ドイツ自転車協会) の4つ星クオリティ・サイクリングルートに選定されています。

コース沿いには、森林や草原、古城、木組みの家、そして “産業時代の証人たち” が代わる代わる現れます。 炭坑の巻き上げ塔や溶鉱炉、ガスタンクなどは、今日ではスポーツや文化の体験スポットになっています。 ルール地方では、印象的な観光スポットが、比較的短い間隔でサイクリングロード沿いに並んでいます。 たとえば、中世の旧市街や擬古主義様式の一画があるアルンスベルク、ルール鉱山の発祥地とされるムッター渓谷、エッセンのバルデナイ湖、そして最近再開発され、散策・飲食店マイルが整備されたデュイスブルク内陸港などです。 特徴:ルートの大部分は川沿いを通り、自動車交通はありません。 最初の35キロメートルに一部急勾配の上り坂がありますが、その後はおおむねフラットな土地です。 交通アクセスは極めて良好です。 風景: ルール川の河川区域、ザウアーラント地方の木々豊かな中級山岳地帯、人口が密集し、重工業や鉱業の遺物が残る大都市圏ルール地方。

距離: 230キロメートル

起点: ヴィンターベルク Winterberg

終点: デュイスブルク Duisburg

コース情報: おおむね平坦な土地で、急勾配の上り坂があるものの、子供連れでも十分に走行でき、ほとんどの区間はサイクルトレーラーの牽引も可能。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました