ルーア川岸サイクリングロード
選択

川と緑による、変化に富んだ国境

3つの国とひとつの川:ルーア川岸サイクリングロードは、ベルギー領内の源流から、ドイツのアイフェル高原を経て、レジャー地域ハインスベルクの平地を通り、オランダ領マース川に至るコースです。

ルーア川は、ある時は穏やかに流れ、ある時には音を立ててほとばしりますが、コースもまた川と同じぐらいに変化に富んでいます。 泥地やハイデ (原野) が広がる、ベルギーのホーエス・フェンは、山が連なるアイフェルとは対照的な、まだ新しい国立公園で、周辺には緩やかに波打った沃野が続いています。 デューレンとユーリッヒを後にして、さらに進むと、レジャー地域ハインスベルクに歴史的な巻き上げ塔が聳え立っています。 ルーア川は、マース川に注ぐ前に、2つの支流に分かれます。そしてツーリングも、ひとつの川と3つの国、そして無数の思い出と共に終わることになります。 特徴:コースの半分以上が、フラットな土地です。 ルーア川の上流域には、起伏が多く、一部急勾配の上り坂がある区間も存在します。 脇道や農林道、川沿いの道は、全区間にわたってアスファルト舗装か砕石舗装されており、大部分は自動車交通がありません。 風景:高地湿原が広がるホーエス・フェンからアイフェル高原にかけては、狭い渓谷や森に覆われた急斜面、貯水湖、多色砂岩を目にできます。 川を下っていくとツュルピッヒ沃野とユーリッヒ沃野が現れ、低湿地帯と広大なマース平地が続きます。

距離: 166キロメートル

起点: ボトランジュ Botrange (ベルギー)

終点: ルールモント Roermond (オランダ)

コース情報: おおむね平坦な土地ですが、一部で起伏が多く、急勾配の上り坂もあります。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました