タウバー=アルトミュール・サイクリングロード
選択
Discover Germany by bike

Long-distance routes and tour tips

堪能の自転車ツーリング

ヴェルトハイムからケールハイムまでのタウバー=アルトミュール・サイクリングロードは、マイン川とタウバー川、アルトミュール川、ドナウ川を結んだ、フランケン地方の魅力的なリバーサイドコースです。

この長距離サイクリングロードの起点になるのはヴェルトハイムです。 ここからまずは、両側にブドウ畑が広がる、愛らしいタウバー渓谷をローテンブルク・オップ・デァ・タウバーまで走ります。 途中では、ブロンバッハ修道院や (クアパークのある) バート・メルゲントハイムを通りますし、ローテンブルク・オップ・デァ・タウバーでは中世の町並みが待っています。 タウバー=アルトミュール・サイクリングロードは、それからロマンチックなフランケン地方とフランケンヘーエ自然公園に入ります。 その後ルートは、アルトミュール渓谷を蛇行するように、フランケン湖沼地帯のアルトミュール湖やユネスコ世界遺産リーメスの傍を通り、岩山やハイデ (原野)、パッペンハイム城などに沿って進みます。 アイヒシュテットを経てディートフルトへ、そしてマイン・ドナウ運河沿いにケールハイムへ向かいます。ちなみにケールハイムは、運河がドナウ川に注ぐ場所です。 特徴:この長距離サイクリングロードは、ほとんどの区間が砕石舗装されており、一部アスファルト舗装の箇所もあります。 ルート自体は、広い範囲で自動車交通がなく、坂道もほとんどありません。 このためファミリーサイクリングにも最適です。 風景:タウバー川とアルトミュール川、マイン・ドナウ運河、ドナウ川による、川辺の風景。 愛らしいタウバー渓谷とロマンチックなフランケン地方、フランケン湖沼地帯、アルトミュール渓谷自然公園を通ります。 ブドウ畑と森林、草原、岩層による風景が広がっています。

距離: 350キロメートル

起点: ヴェルトハイム Wertheim

終点: ケールハイム Kelheim

コース情報: おおむね平坦な土地で、一部で起伏が多いものの、子供連れでも十分に走行でき、ほとんどの区間はサイクルトレーラーの牽引も可能。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました