ヴェーザー・サイクリングロード
選択

ヴェーザーベルクラント地方から北海へ

ツーリングは、ヴェラ川とフルダ川が合流してヴェーザー川となった地点からスタートします。 上り坂がほとんどない、ドイツで最も人気があるサイクリングロードのひとつで、様々な地域を通ります。

ヴェーザールネッサンス様式とバロック様式の建築物の数々が、真珠のごとくヴェーザーベルクラント地方を飾っています。 「ドイツ・メルヘン街道」では、ほら吹き男爵ミュンヒハウゼンやハーメルンの笛吹男が歓迎してくれます。 低湿地や泥地、乾燥高地を経て、ハンザ都市ブレーメンに至ります。 ここからは、ヴェーザー川低湿地帯の牧歌的風景がノルデンハムまで続きます。 ノルデンハムからブレーマーハーフェンへは船で川を渡り、さらにクックスハーフェンまで全長12キロメートルの砂浜を走行できます。 あるいはブチャディンゲン半島を走行して、「ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園」を探索することも可能です。 特徴:川沿いのサイクリングロードで、ほとんど上り坂がなく、たいていはアスファルト舗装か砕石舗装がなされています。 自動車交通が少なく、インフラが整っているので、初心者や家族連れにも適しています。 風景:このサイクリングロードは、ヴェーザーベルクラント地方の中級山岳地帯と北ドイツの低地を結びつけています。 ヴェーザー川下流域の航路に沿って、ヴェーザー川の河口まで走行できます。

距離: 529キロメートル

起点: ハン・ミュンデン Hann. Münden

終点: クックスハーフェン Cuxhaven とエックヴァルダーヘルネ Eckwarderhörne

コース情報: おおむね平坦な土地で、子供連れでも十分に走行でき、ほとんどの区間はサイクルトレーラーの牽引も可能。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました