アムルム島:バードウォッチングと干潟ハイキングの島
Amrum Island © Amrum Touristik

アムルム島:バードウォッチングと干潟ハイキングの島

北フリースラント諸島のアムルム島は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で最も美しいエクスカーション地に数えられています。 北海の爽やかな風とワッデン海、そして果てしなく続く海水浴場が、レジャーや保養を目的とした休暇へと招きます。

総面積20.46平方キロメートルのアムルム島は、ドイツで十番目に大きな島です。 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン・ワッデン海国立公園の真っ只中にあり、広大なクニープザント海岸では、ウォータースポーツや海水浴が楽しめます。 この砂浜海岸は、全長約10キロメートルで、幅は最大1.5キロメートルにも達します。 島の幅が、最も広いところで2.5キロメートルですから、島自体の大きさと大差がないことになります。 ちなみにアムルム島では、風力6の際に、プロのサーファーやヨットマン、カイトサーファーにとって理想的なコンディションになります。 海抜63メートルの高さから、様々な営みを見下ろす:アムルムの灯台は、北海沿岸部で最も高い灯台で、上ることもできます。

アムルム島では、アクティブな活動も多彩ですが、類い稀な自然のスペクタクルも目にできます:数千羽もの海鳥や浜鳥が、ワッデン海の豊かな恵みに引き寄せられて、ここで抱卵期を過ごしているのです。 干潮時にワッデン海が干上がり、数時間にわたって海岸線が後退すると、干潟ハイカーたちがアムルム島から隣のフェール島へ、あるいは逆方向へ進みながら、“真のバードウォッチャー” になります。 アムルム島は、四季を通じて訪れる価値がある場所です。 寒くなると、この島は本当に居心地が良くなります。 5つの村では、葦で屋根を葺いた、フリースラント地方の美しい建物を宿泊施設として用意していますし、ウェルネスホテルも “癒やしの時間” を提供します。 さらに、海鮮レストランが保養休暇に訪れた人々を誘います。フリースラント地方の無骨な雰囲気を体験したいのなら、“正真正銘の船員酒場” で夜のひとときを過ごすことも可能です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました