ヒデンゼー島:バルト海に浮かぶ “可愛い土地”
Hiddensee Island © Tourismusverband Mecklenburg-Vorpommern (Thomas Grundner)

ヒデンゼー島:バルト海に浮かぶ “可愛い土地”

ヒデンゼー島の多様な美しさは、果てしなく続く砂浜や広大な塩性湿地、ごつごつと荒々しい岩礁、きれいな松林に見て取れます。 バルト海に浮かぶ、滞在にぴったりの島です。

ヒデンゼー島は、バルト海の沿岸部、リューゲン島の西側にある、面積約19平方キロメートルの美しい島です。 住民が愛情を込めて「ゼーテ・レネケン (可愛い土地) 」と呼ぶ島は、魅力的な風景と瞑想的な静寂で人々を惹きつけています。 1990年以来フォアポンメルン入江地方国立公園の一部となっているヒデンゼー島は、ここ数年のうちにメクレンブルク=フォアポンメルン州で最も人気のあるリゾート地に数えられるまでになりました。 ここでは、ツルやガン、カモ、渉禽類だけでなく、コアジサシのような絶滅危惧種の鳥類が、抱卵や休息しているのを目にできます。 6月から9月にかけては、ガイドツアーが定期的に開催されているので、参加してみても良いでしょう。

手つかずの自然と完全な静穏が創り出した類い稀な環境は、ずっと以前から ─ そして今日まで変わらず ─ ロマンチストたちを惹きつけてきました。その中には作家や詩人、芸術家、俳優が含まれており、彼らが第一次世界大戦後にヒデンゼー島を芸術家の島として有名にしました。 今日のヒデンゼー島は、徒歩や自転車、乗馬でいろいろなものを発見できる、家族連れに人気のリゾート地です。 島内には居心地の良い宿泊施設が数多くあって、快適に滞在できますし、夕方には海産物を用いた地元の名物料理が食欲を誘います:特に衣を付けてソテーした料理やスモークした料理は最高です。 島の至る所に自生しているヒッポファエは、美味しいケーキやジュースの材料になっていますし、たっぷりとした料理を食べた後には、ヒッポファエのシュナップス (蒸留酒) もお薦めです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました