ウマンツ島: “リューゲン島の小さな妹”

ウマンツ島には、のどかな漁村と手つかずの自然が残っています。 バルト海に浮かぶ “リューゲン島の小さな妹” ウマンツ島では、安らぎと静寂に満ちた特別な雰囲気、つまり純粋な形での保養を見いだすことができます。

ウマンツ島は、バルト海のリューゲン島横に位置する、メクレンブルク=フォアポンメルン州の島です。 この島は、1901年以来橋でリューゲン島に接続されています。 ウマンツ島は、面積20平方キロメートルの非常に平坦な島で、リューゲン島の入り江に包み込まれているように見えます。 島の大部分は牧草地や草原、耕地で、高さが3メートルを超える場所はほとんどありません。 漁業と農業が中心となる、昔ながらの土地は、数年来ますます多くの観光客を魅了しています。

ウマンツ島は、フォアポンメルン入江地方国立公園の中の、たくさんの小島 ─ ウルケヴィッツ島やリーベス島、メーレンス島、ホイヴィーゼ島 ─ とリーショウ半島に囲まれた場所にあります。これらの小島や半島では、何にも邪魔されることなくサギやカモ、ウ、ワシなどを観察できます。 フォッカー水道に架けられた、リューゲン島とウマンツ島を結ぶ橋の近くには、ヴァーゼという集落があります。 ヴァーゼは島内最大の集落で、観光客はウマンツ島についての情報や島内サイクリングに関するアドバイスを集めることができます。 特に見る価値があるのは、外観は全く目立たないヴァーゼの村教会です。ここには、元々はハンザ都市シュトラールズントのために、1520年にアントワープで制作された、貴重な祭壇があるのです。 乗馬や釣り、ペダルボートなどを楽しんだら、夕方には海鮮レストランが、地元の名物料理で滞在客を誘います。 ウマンツ島は、美しい貸別荘があるので、家族での滞在にもぴったりです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました