Baltrum Island
Baltrum Island © Kurverwaltung Baltrum

バルトルム島: “北海のいばら姫”

バルトルム島は、一部がニーダーザクセン・ワッデン海国立公園に含まれる、東フリースラント諸島の中で最小の島です。 ワッデン海の真っ只中で、爽やかな北海の風を、そして自動車禁止の島ならではの、安らかな静寂を満喫できます。

バルトルム島は、東フリースラント諸島のちょうど中央部に位置しており、1966年には北海療養浴場に認定されました。 全長約5キロメートルで、全幅1.5キロメートル弱の “北海のいばら姫” は、諸島内で最小の島です。 つまり、ちょっと時間をかけて散歩をすれば、島を一周できることになります。 その際には、島の北側から西側にかけて約4キロメートル続いている、美しい海岸に沿って歩くのがベストです。 海水浴場は、幅が最大200メートル ─ 干潮時には300メートル ─ もあり、砂遊びや日光浴が楽しめる、子供たちのパラダイスです。 滞在客は、島の生活がのんびりとして居心地が良いことに気づくでしょう。

また、スポーツや文化も多彩です。 バルトルム島でとりわけ人気があるのは、サーフィンとカイトサーフィンです。 周辺部の砂州は、潮の引いた時間帯には、大きな波も来ないので、とりわけ初心者が基本をマスターするのに格好の場所になっています。 リフレッシュとウェルネスなら、島内のクアセンターで、様々な分野の療法を体験できます:リラクセーション・トレーニングの他に、タラソテラピーや泥パック、ファンゴパックが、身体も心も癒してくれます。

夜も気持ちよく過ごせるように、島内には様々な宿泊施設が用意されています:緑の庭がある、綺麗な貸別荘から3つ星ホテルまで、誰もが自分にぴったりの場所を見つけられるはずです。

島の静穏を堪能するには、海岸に並んでいる、屋根付きビーチチェアに一人で座って過ごすのが一番です。 愛する人と2人での方が、もっと良いかも知れませんが……。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました