ハリゲン諸島:ワッデン海の真っ只中で孤独と静寂を

ドイツ領ハリゲン諸島は、北フリースラント諸島に囲まれるようにして、北海に絵のように美しい姿を見せています。 ここでは、世界遺産にも登録されている自然の中での、干潟散歩が観光客を集めています。 ハリゲン諸島は、潮汐との調和の中にある、孤独な楽園です。

ハリヒ・ノルトシュトランデッシュモール:ピュアな自然

ハリヒ・ノルトシュトランデッシュモールは、 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン・ワッデン海国立公園 の中、北海沿岸部の北フリースラント諸島付近に位置する小島 (ハリヒは「高潮時に冠水する小島」の意) です。 ワッデン海という類い稀な自然のパラダイスを通って、この小島に渡るのは、特別な体験になります。 総面積1.9平方キロメートルの島内では、独自の生活圏を創り出した、珍しい植物相や鳥類相を目にできます。 7月中旬には小島の約75パーセントが藤色に染まって、再びイソマツが花咲き、自然を愛する人々にその美しい側面を見せます。

ハリヒ・ランゲネス:魔法のような自然風景

ハリヒ・ランゲネスは、 世界遺産 に登録された自然の中、北フリースラント諸島に囲まれるようにして、絵のように美しい姿を見せています。 干潟を散歩すると、様々な渉禽類や水鳥を目にできますし、季節によって形を変える塩性湿地が、このハリヒ (高潮時に冠水する小島) に魔法の国のような性格を与えています。 夏には、イソマツが青や紫に咲き乱れる光景を目にできます。 そして冬には、「ハリヒの水没」という北海の荒々しい自然を完全な形で体験しようという、冒険心のある人々が訪れます。

ハリヒ・オラント:愛鳥家の楽園

北フリースラント諸島内のワッデン海にあるハリヒ・オラントは、行政区分としては ランゲネス島 の自治体に含まれます。 この小島 (ハリヒは「高潮時に冠水する小島」の意) では、一年を通じて様々な渉禽類や水鳥を観察できます。 海岸部 ─ 特に島の北側や西側 ─ には、塩性湿地が特徴的な風景が広がっています。 青紫のイソマツを含む植物相も、この小さな島を自然の楽園にしています。 孤独と静穏を求めるなら、ワッデン海の真っ只中にある小島は、ぴったりの場所です。

ハリヒ・グレーデ:ドイツ最小の自治体

ハリヒ・グレーデ (ハリヒは高潮時に冠水する小島) は、住民の数では、ドイツ最小の自治体です。 とはいえ、北海からの爽やかな風を浴びながら、長時間散歩できるぐらいの面積はあります。 この島では、リラックスできる他に、釣りや干潟ハイキング、海水浴をして過ごせます:海が常に目の前に広がっているのです。 観光客が船でこの島に渡れるのは、高潮の間のわずかな時間だけです。 このように特殊な形で孤立している点が、他のハリゲン諸島の島々とは異なります。

ハリヒ・ホーゲ:ワッデン海の生物圏保護区

ホーゲ島は、 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン・ワッデン海 の中に位置する、正真正銘の生物圏保護区です。 この島の人々は、自然との調和の中で生活し、持続可能な経済活動を営んでいるのです。 ホーゲ島は、他のハリヒとは異なり、高い石堤に囲まれています。 それでも、冬を中心とする半年間は、島内に北海の水が流れ込みます。 これは、一般的な島の場合とは異なり、ハリヒにとって普通のことです (元々ハリヒは「高潮時に冠水する小島」の意)。 このような「水没時」には、人工の丘 ─ 島民が家を建てるために土を盛った場所 ─ が、海水から突き出ている光景を目にできます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました