ランゲオーク島 ©Kurverwaltung Langeoog (Martin Foddanu)

ランゲオーク島:美しい景色

給水塔、全長14キロメートルの砂浜、砂丘の高さが20メートルにも達する印象的な風景、夢のような自然……それが東フリースラント諸島のランゲオーク島です。特別な魅力で、多くの滞在客を惹きつけています。

ランゲオーク島は、ワッデン海と外洋の間に位置する、総面積20平方キロメートルの島です。厳しい自然に晒され続けてきたにもかかわらず、現在まで海岸に治水構造物を設けていない、東フリースラント諸島で唯一の島であり、14キロメートルにわたって自然の浜辺が続いています。とはいえ、外洋側は砂丘が自然の防潮堤となり、ワッデン海側はフリントヘルン土手やオスター土手が、北海の高波から守っているので、滞在客も不安に感じることがありません。

機会があったら、島のランドマークにもなっている、1909年建設の給水塔に上り、島内で最高の展望を楽しんでください。ユネスコ世界自然遺産ワッデン海に含まれる、ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園の素晴らしい景観が、目の前に広がるはずです。この息を呑むような自然は、潮の満ち引きの際には、より劇的なものになります。運が良ければ、ドイツ最大のセグロカモメのコロニーも目にできるでしょう。

ランゲオーク島は自動車が禁止されています。もっとも、それで移動に支障を来すことはまずありません。小さな島なので、徒歩や自転車、さらには馬を利用して、問題なく観光できるのです。また、砂城作り (小さな子供向け) やサーフィン、水泳、海岸でのタラソウォーキングなど、様々なアクティビティのコースが、幅広い年齢層向けに開催されています。

ランゲオーク島は、時として荒々しい天候になる、春や秋にも訪れる価値があります。ここでは、嵐にしても陽射しにしても、あらゆる感覚に触れるものがあるのです。悪い天気など存在せず、不適切な服があるに過ぎません。慌ただしい思考スタイルが、突然スローモーションに切り替わります。ランゲオーク島は、長い間 ─ 人によっては一生の間 ─ 印象に残るような場所です。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: