ユネスコ生物圏保護区プファルツの森・ヴォージュ山脈北部 ─ 国境を越えて広がる、自然の魅力
'Devil's Table' – Dahn ©Pfalz.Touristik e.V

ユネスコ生物圏保護区プファルツの森・ヴォージュ山脈北部 ─ 国境を越えて広がる、自然の魅力

様々な樹木からなる混交樹林、威圧的にそそり立つ岩塊、ロマンチックな廃城、そして果てしなく広がる森林と開けたブドウ畑のコントラストが、ドイツ・フランス国境地帯の生物圏保護区を、比類のないものにしています。

この地域の特徴とされる、多様な動植物相や明るい色の松林、ヨーロッパグリ、印象的な砂岩塊などが、毎年多くの人々をプファルツの森に惹き付けています。オオヤマネコやヤマネコ、ハヤブサなどが生息しているのも、驚くべきことではありません。プファルツの森は、連続しているものとしては、ドイツ最大の森林地帯なのです。さらに、古城と廃城が150近く存在し、これら “ドイツ史の証人たち” が最も密集している地域になっています。東側の山麓部では、ブドウ畑の海が、絵のように美しいワイン村や果物&アーモンドの木々、多数の栗の木が茂る森林周辺部などと共に、生物圏保護区に地中海の香りをもたらしています。ここは気候が温暖なので、イチジクやキウイ、さらにはレモンまでが実るのです。標識が設けられた、計1000キロメートル以上のクオリティ・ハイキングロードからなる、緻密なハイキングロード網は、プファルツ地方の美しい風景を徒歩で “発見” する、絶好の機会を提供しています。途中には地元の名物を出す小屋が多数あり、立ち寄っての休憩も欠かせません。クライミングを好むなら、ヴァスガウの多色砂岩塊には、きっと満足できるはずです。スポーツ指向の強いサイクリストには、プファルツの森マウンテンバイクパークが、標識付きのMTBルートやダウンヒル、テクニカルコースなど、様々な可能性を提供しています。そして、日中だけでなく夜も、プファルツの森の純粋な自然の中で過ごしたいのなら、プファルツ・トレッキングエリア内の静かな場所で、テントを設営したりキャンプファイヤーを楽しむことができます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: