ユネスコ生物圏保護区リューゲン島東南部 ─ 文化と風景、そして海……
ユネスコ生物圏保護区リューゲン島東南部

ユネスコ生物圏保護区リューゲン島東南部 ─ 文化と風景、そして海……

リューゲン島の東南部では、長大な砂浜や深い入り江、切り立った岸壁、塩性草原、ブナ林といった、多彩な海岸風景が観光客を待ち受けています。

人間と自然とが調和する場所 ─ それがユネスコ生物圏保護区リューゲン島東南部です。ここでは、美しく変化に富んだ風景と多種多様な動植物を目にできます。海岸も、白い砂浜や磯、岸壁など様々です。また、大きな漂石がしばしば風景を特徴付けています。これらは、最終氷期 (一番新しい氷期) の遺物です。運が良ければ、海岸で貝やウニの化石を発見できるかも知れません。そして、自然を愛する人々にとりわけ人気があるのが、フィルム島に広がる無垢の自然です。この島は、生物圏保護区の中核地域に含まれており、ガイド付きのハイキングツアーでしか立ち入ることができません。ハイイロアザラシや蘭といった、珍しい動植物を目にするだけでも、訪れる価値がある場所です。総面積が75ヘクタールにもおよぶ、プトブスの風景式庭園もまた一見の価値があります:ここでは、セコイヤやシーダーといった、エキゾチックな樹木が景観のアクセントになっています。この生物圏保護区には、中石器時代から人間の影響を受けてきた、文化的景観が広がっています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: