アイフェル国立公園
自然風景地を選択

アイフェル国立公園 ─ 起伏が多くて、動物が豊富

荘厳なブナ林や節くれだった樫の木々、急流が泡立つ神秘的な山峡が、アイフェル国立公園へと招きます。そして様々な動植物が、ドイツ西部では他に類を見ない、魅力溢れる自然体験へと誘うのです。

アイフェル国立公園は、ノルトライン・ヴェストファーレン州のアイフェル地方北部に位置しています。この国立公園は、ドイツ西部の国立公園空白地帯を埋める存在であると同時に、中級山地の酸性土壌に広がる、西岸海洋性気候区のブナ林を初めて保護したものです。かつて木々が伐採されていた場所には、現在は天然の森林が広がっています。そして、230種以上の絶滅危惧動植物にとって、生き延びるために必要不可欠な “撤退地” になっているのです。森林が続く場所ではヤマネコがネズミを狩り、澄んだ河川ではビーバーがダムを造っています。無数のコウモリやカワセミも、静かで邪魔が入ることがない、国立公園内の環境を好んでいるようですし、野生のスイセンは、春になると黄色い花を咲かせて、自然を愛する人々を喜ばせます。ここでは、森と水が織りなす、類い稀な世界を体験できるのです。

興味があるなら、様々な体験コースに参加しても良いでしょう。国立公園は、個人で見て回ることも、ガイドに案内してもらうことも可能です。原生林の日 (学校休暇期間の毎日曜日) には、森林監視員が保護地域の中を案内し、自然の秘密を暴いてくれます。アイフェル国立公園周辺部のクナイプ療法保養地ゲミュントにある森林体験センターは、愛情を込めて整えられた展示室を備え、幅広い年齢層に対応した様々な体験コースを開催しています。アイフェル国立公園管理局も、問い合わせに応じる形で、グループ向けのガイド案内や講演、専門的なガイドツアーの手配をしています。そして国立公園のカレンダーは、いつも特別イベントが盛りだくさんです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: