ハンブルク・ワッデン海国立公園
自然風景地を選択

ハンブルク・ワッデン海国立公園 ─ 海岸風景の魅力

ハンブルク・ワッデン海国立公園は、ドイツ北部にあります。エルベ川河口部のクックスハーフェン付近に広がる干潟地帯 (ワッデン海) を、小さな群島と共に、1万2千ヘクタールにわたって保護するものです。

ニーダーザクセン州の沿岸部、クックスハーフェン付近の河口部に広がる、ハンブルク・ワッデン海国立公園 ─ 3つのワッデン海国立公園で最小のもの ─ では、3つの島が風景のアクセントになっています:40人余りが住む緑の島ノイヴェルクと砂丘の島シャルヘルン、人工的に土が盛られた島ニーゲヘルンです。

琥珀探しを目的としたワッデン海エクスカーションでは、コアジサシやサンドイッチアジサシ、アジサシ、キョクアジサシなどのコロニーも目にできます。そして、この地域ではワッデン海の希有な自然の他に、文化的なものも体験できるのです。

とりわけ興味深いのがノイヴェルク島の歴史で、1299年以来ハンブルクに帰属していることが、公文書で証明されています。島内の道は、緑の土地を貫いてエルベ川河口の防御塔 ─ ハンザ同盟時代の遺物 ─ まで続いています。稜堡は、海賊対策の拠点だったものです。ハイライトになるのは、ザーレンブルクから自動車禁止の島ノイヴェルクまで干潟を馬車で走る旅、あるいはクックスハーフェンからノイヴェルク島までの船旅です:ノイヴェルク島では、鳥類や塩性草原、ワッデン海をテーマにしたガイドツアーに参加したり、美しい琥珀の展示に感嘆できます。

ノイヴェルク島からシャルヘルン島へは、果てしなく広がる干潟に道が通っています。元々は浅瀬だったシャルヘルン島は、とりわけ海鳥のコロニーによって、観光客に人気があります。人工的に土が盛られ、上陸が禁じられている “鳥の島” ニーゲヘルンと同様に、無垢の自然が広がる風景で、人々を感動させているのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: