ハルツ国立公園
自然風景地を選択

ハルツ国立公園 ─ 伝説に包まれた中級山地

濃霧と陽射し、森、水、魔女伝説、ウェルネス……ハルツ国立公園なら、これら全てを体験できます。この国立公園は、ドイツ最北の中級山地にあり、北ドイツで最も人気の高いハイキング/クロスカントリースキー地域にも数えられています。

ドイツ北部の2連邦州 ─ ニーダーザクセンザクセン・アンハルト ─ にまたがるハルツ国立公園は、いろいろな体験が可能な、自然とレクリエーションの世界へと誘います。1990年以来この国立公園は、ブロッケン山をはじめとする、ハルツ山地中央部を保護してきました:西はアルテナウ、北はバート・ハルツブルクとイルゼンブルク、東はドライ・アーネン・ホーネ、南は南ハルツのヘルツベルクに至る地域です。

ここで、「ゲーテ・ハイキングロード」や「魔女の山道」を進み、伝説の森や神秘的な高地湿原、自然のままの小川を横切ってみてください。ハイライトとなるのは、標高1,142メートルのブロッケン山 ─ 北ドイツの最高峰 ─ です。山頂部は、ほとんどいつも霧に覆われているため、たいていは幻のようにしか見えません。この自然の演出こそが、毎年の「ヴァルプルギスの夜」のきっかけとなる、魔女伝説を生み出したのです。また、蒸気機関車が牽引するブロッケン鉄道や100年の歴史があるブロッケン庭園も、体験してみるだけの価値があります。レーンジャー・ハイキングに参加したり、ブロッケン山頂駅 ─ ドイツ最高地点にある駅 ─ まで全長130キロメートルのハルツ狭軌鉄道に乗ってみるのも良いでしょう。

ハイキングをしていると、アカシカやノロジカ、イノシシといった、野生の哺乳動物に出くわすことがあります。そして、クマゲラやツグミ、ミソサザイなど、様々な鳥が至る所に顔を出します。運が良ければ、この他にヤマネコやオオヤマネコを目にできるかも知れません。これらの動物は、将来も人間の影響を受けずに生きていける空間を、この地域で見つけたのです。

素晴らしい動物体験と並んで、たとえばゴスラークヴェートリンブルクといったユネスコ世界文化遺産都市に、木骨家屋が建ち並ぶ、中世さながらの景観も、この地域の見所として挙げられます。さらに、見学用鉱山に入ってみたり、リューベラント鍾乳洞や “一角獣の洞窟” を訪ねてみるのも、興味深い体験になるはずです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: