ヤスムント国立公園
自然風景地を選択

ヤスムント国立公園 ─ 魅力溢れる白亜の海岸

ドイツ東北部のヤスムント国立公園では、多数の泥地や湿原、乾燥草原を伴う白亜地帯の、類い稀な美しさを体験できます。

ヤスムント国立公園は、ドイツ東北部の連邦州メクレンブルク・フォアポンメルンにあります。この国立公園で一番有名な場所は、著名な画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒによって描かれ、世界的に知られるようになった、ケーニヒスシュトゥール付近の白亜岩に違いありません。また、シュトゥープニッツ台地に広がる、13世紀以来のヨーロッパブナ林も、この国立公園に含まれます。ちなみにシュトゥープニッツ台地は、氷河期に形成された、主に白亜岩からなる台地です。

全長10キロメートルで、高さが最大117メートルにも達する白亜海岸には、活性・非活性の断崖 ─ 岸壁のダイナミズムを具体的に示す存在 ─ が見られ、この地域に典型的な特徴となっています。現在でも海岸を注意して歩いていると、天然チョークの他に、氷河期の堆積岩や化石などを発見できるのです。

また、ハイキングやサイクリング、エクスカーション、セミナーといった、様々な機会を利用して、たとえば生物圏保護区リューゲン島東南部を訪れ、素晴らしい森林地帯を体験できます。

国立公園内は動植物が豊富で、白亜岩の断崖ではニシイワツバメが抱卵し、稀少種のオジロワシなども生息しています。とはいえ、シュトゥープニッツ地域の観光地としての価値は、見事な白亜岩の風景だけによるものではありません。国立公園管理局が定期的に開催しているガイドツアーでは、古代ゲルマンの女神ヘルタや秘密のベールに包まれた海賊シュテルテベッカー ─ この地に財宝を隠したとされる海賊 ─ といった、伝説の人物について詳しく知ることができます。

そして、ブリンツの南にあるグラーニッツ狩猟宮殿を訪れたり、島の小型蒸気機関車「疾走するローラント号」に乗れば、地域の文化的な名所をもっと訪ねてみようという気になるはずです。たとえば、フィットという小さな集落があるアルコナ岬、漁業博物館があるザスニッツ漁港、ザスニッツの「海賊の峡谷」、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの作品が展示されているグライフスヴァルト博物館、ギングストの歴史的な職人の作業場、ノイエンキルヒェン近郊のグリュムプケ展望塔なども、ここに紹介するだけの価値がある観光スポットです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: