ケラーヴァルト・エーダー湖国立公園
自然風景地を選択

ケラーヴァルト・エーダー湖国立公園 ─ ドイツにおける緑の心臓部で

“ドイツにおける緑の心臓” の中央部に位置し、エーダー湖の南側に広がるケラーヴァルト・エーダー湖国立公園は、カッセルから30分以内の距離にあります。そして、総面積5,700ヘクタールの公園内には、中央ヨーロッパ最後のものに数えられる、完全な形の大規模広葉樹林が残っているのです。

ケラーヴァルト・エーダー湖国立公園という、数十年にもおよぶ自然保護の成果と森林の歴史を体験できる、類い稀な地域がヘッセン州に存在します。ここでは、道路や住宅地、線路などが目に入ることはありません。

その代わり、澄んだ小川が蛇行し、森林や草原が広がる、牧歌的な渓谷の間に、 “ブナの海” に覆われた、50以上の山々が見られます。国立公園の性格を特徴づけるものとしては、 (一部は樹齢千年に達する) シナノキやオークに囲まれた、最終氷期の遺物「石と岩の海」、トリネコやニレが育つ湿っぽい山峡、蘭の花咲く草原、ナデシコが彩る牧草地などが挙げられます。

国立公園内では、興味深いガイド案内やハイキング、サイクリングなど、様々なレクリエーションが可能です。動物を観察したり、森林を体験したり、写真を撮影したり、驚いたり、夢みたり、自問したり、森林の空気を吸い込んだり、リフレッシュしたり、考え込んだり……どんな目的でも、国立公園は歓迎します。ケラーヴァルト・エーダー湖国立公園は、今日なお無垢の自然を体験したり、理解することを学べる場所なのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: