ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園
自然風景地を選択

ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園 ─ 様々な発見がある北海沿岸地域

ドイツ北部、ニーダーザクセン州の北海沿岸部に、ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園はあります。この国立公園は、エムス川からエルベ川までのワッデン海を、沖合の東フリースラント諸島を含めて、保護するものです。

ドイツ西北部の連邦州ニーダーザクセンに広がるニーダーザクセン・ワッデン海国立公園は、北海沿岸部の忘れがたい干潟風景へと誘います。

ここでは、自然のスペクタクルの他に、印象的な地形を目にできます:たとえば、この地域に典型的な塩性草原やダンガスト近郊のゲーストクリフ (砂状荒野の断崖) 、ゼーエシュテット付近の “泳ぐ湿地” ─ ドイツで唯一の完全な堤外湿地 ─ などです。

動植物の種類が非常に多いのは、主にワッデン海の温暖な気候によるものです。この地域に生息する動物の中でとりわけ目を引くものに、沿岸地方で最も美しい鳥に数えられる、ツクシガモが挙げられます。8月から9月にかけて、この見事な水鳥が飛来し、干潟で過ごしているのを観察できるはずです。そして、ノルトダイヒのアザラシセンターも訪れるだけの価値があります。

このように、様々な自然体験・動物観察が可能ですが、地域の記念碑さながらに、歴史や文化を伝える見所も多数存在します。たとえば、ヴィルヘルムスハーフェンのワッデン海ハウス、ボルクム島の “灯台船” と “鯨のスケルトン” 、ノルダーナイ島の “漁師の家博物館” 、ドルヌム水城、ブレーマーハーフェンのドイツ船舶博物館、ヴァンゲローゲ島の古い灯台などです。また、東フリースラント諸島へのエクスカーションもおすすめです。海水浴や広い砂浜、馬車による島内観光、塩性草原での散歩などを楽しむかどうかにかかわらず、国立公園のリフレッシュ&レクリエーション・プログラムは、様々な喜びと共に、寛ぎ味わう時間を提供してくれます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: