シュヴァルツヴァルト国立公園 ©Deutsche Zentrale für Tourismus e.V.. (Brigitte Merz Lookphotos)

Discover your favourite spot

13
German National Tourist Board
Visitors' Choice 2017
シュヴァルツヴァルト国立公園

Discover the TOP 100 at www.germany.travel/top100

シュヴァルツヴァルト国立公園 ─ 幾分荒々しさも

現時点ではドイツで最も新しい国立公園であり、ハイキングや休暇滞在にぴったりの場所です。素晴らしい眺望や天然の針葉樹林、深いカール湖、黒っぽい湿原が、比類のない自然体験を約束します。

シュヴァルツヴァルト (黒い森) 国立公園は、バーデン・ヴュルテンベルク州に広がる、総面積10,062ヘクタールの国立公園で、2014年1月1日に指定されました。高いところは標高1000メートルを超え、厳しい気候と豊富な降水量が特徴となる地域です。そして、針葉樹林と高地混合樹林、高地草原、古い保護林、湿原、氷河の浸食によるカール (圏谷) 等が、類い稀な風景を創り出しています。たとえば、この国立公園を撮った写真の中には、スカンジナビアの風景さながらのものがあります。シュヴァルツヴァルト北部を、とりわけ美しく飾っているのが、一部は100年以上の歴史がある保護林です:そして、このような場所でさえ、すでに自然が幾分荒々しさを見せているのです。

ライン平野やシュヴァルツヴァルトの山並みを見渡す、素晴らしい眺望は、憩いと寛ぎをもたらす、特別な魅力といえます。

シュヴァルツヴァルト国立公園は、動物や植物の生活圏になっているだけでなく、人間にとっても魅力的な場所です。まるで「広大な学びと体験の場」にいるかのように、ハイキングやサイクリング、ウインタースポーツ等に興じたり、単に新鮮な空気の中でリラックスしたり、眺めを楽しめるのです。

また、訪れる人々のために各種ツアーやガイド案内、情報イベントなど、広範なプログラムが組まれています。さらに、国立公園内の自然体験小道では、様々なテーマについて実際の場で学ぶことができます:たとえば、シュヴァルツヴァルト北部の原生林の様子やオオヤマネコの歩き方、暴風の持つエネルギーなどです。

Black Forest National Park

Unique features

  • Natural woodland dating back over 100 years


Activities
Ranger tours, rafting, mountain cart track, winter sports, walking, cycling

Landscapes
Forests, heathland, lakes, fens

Contact for accessible holidays
Hans-Peter Matt
Email: matt@mahp.de
Tel: +49 (0)7832 994 296

Travel information
Closest ICE train station: Baden-Baden (36km)
Closest major city: Karlsruhe (80km)

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: