ハイニッヒ国立公園

ハイニッヒ国立公園 ─ ドイツ中央部の原生林

テューリンゲン州西部のハイニッヒ国立公園は、ヨーロッパブナが圧倒的多数を占める森林地帯で、かつては軍事立入禁止区域でした。今日では、 (連続したものとしては) ヨーロッパ最大の広葉混交樹林とされ、「ドイツ中央部の原生林」とも言われています。

ドイツ東中部の連邦州テューリンゲン ─ 正確には保養地バート・ランゲンザルツァとヴァルトブルク城の都市アイゼナハとの間 ─ には、ハイニッヒ国立公園があり、 (連続しているものとしては) ヨーロッパ最大規模の広葉混交樹林が広がります。

様々な種類の樹木が様々に混じった、朽木の割合が大きい森林地帯です:この朽木が、キノコやコケ、地衣類、昆虫といった無数の生物にとって、格好の温床になっています。長時間の森林散歩や専門的なガイドツアーでは、ヤマネコやナベコウといった稀少種の動物の他に、ベヒシュタインホオヒゲコウモリのような、保護指定されているコウモリも目にできます。子供たちにとって特別なアトラクションになっているのは、「ヤマネコ・子供の森」です。さらに、原生林の “屋根” にあたる、高さ44メートルの場所を、数百メートルにわたって散歩できる「樹冠小道」も、国立公園のハイライトのひとつに数えられます。

ブルンスタールにあるような自然体験小道や周回ハイキングコース、レンシュタイクなど尾根沿いのルートは、この地域でも特に美しい土地を通るものです。その中には、保養地のバート・ランゲンザルツァやトマス・ミュンツァーの町ミュールハウゼン、マルティン・ルターヴァルトブルク城の都市アイゼナハなど、特に文化に興味がなくても訪れる価値がある、文化的に豊かな場所が含まれます。また、レンシュタイクでは、樹齢千年の「物乞いのオーク」や「石の十字架」といった、文化史的な観光スポットも見逃せません。

ハイニッヒ国立公園は、自然と文化、レクリエーションが理想的な形で融合している場所です:この他にも、ミュールハウゼンの通行可能な市城壁と古い市民の家屋、バート・ランゲンザルツァのバラ庭園とフリーデリケ小宮殿、ビッケンリーデ近郊のアンローデ修道院、修道院の町フォルケンローダなどが、見所として挙げられます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: