オーデルタール下流国立公園 ©Nationalpark Unteres Odertal (Fred Schulze)

Discover your favourite spot

オーデルタール下流国立公園 ─ ドイツで最も美しい低湿地帯

オーデルタール (オーデル渓谷) 下流国立公園は、低湿地帯を対象とした、ドイツで初めての国立公園です。オーデル川両岸 ─ ドイツ側とポーランド側 ─ に、60キロメートルにわたって低湿地が広がり、その周囲では印象的な河岸斜面や花咲く乾燥草原を目にできます。

オーデルタール下流国立公園は、ドイツ東北部の連邦州ブランデンブルクにあり、様々な動物の生活圏になっています。たとえば、オジロワシやナベコウ、ハシボソヨシキリといった、特別に保護されている鳥類の他にも、稀少種のビーバーがダムを造っているのを目にできるのです。ここには、40種類以上の魚と50種類もの哺乳動物が生息しています。

また、国立公園は様々な種類の鳥にとって、休息・越冬地として特別な意味を持っており、それが毎年観光客を惹き付けています。1万3千羽以上のツルが、オーデル渓谷の営巣地に飛来する光景を目にできれば、特別な思い出になるに違いありません。

国立公園には、このような素晴らしい自然体験&動物観察の他にも、多数の見所があります:たとえば、シュトルペの中世望楼、フリードリヒスタールの歴史的なタバコ倉、ツィッツェン近郊の宮殿、ガルツの中世市城壁や聖シュテファン教会、クリーヴェンの後期ゴシック教会などです。

そして、オーデルタール下流でクルーズをしたり、緑豊かな河川地域で毎週開催されているサイクリング/ハイキングツアーに参加すれば、美しい自然の中で最高の時間を過ごせるはずです。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: