ミューリッツ国立公園

ミューリッツ国立公園 ─ 見渡す限りの湖沼地帯

北ドイツ低地のメクレンブルク湖沼地帯で、最大にして最も有名な湖ミューリッツの東には、ミューリッツ国立公園が広がっています。そして、130以上の湖沼と非常に古いブナ林、神秘的な湿原からなる、広大で美しい湖沼地帯を、計660キロメートルの道路が網羅しているのです。

メクレンブルク・フォアポンメルン州には、ミューリッツ国立公園という、この上なく美しい自然地域が存在します。無数の湖沼で知られているだけでなく、稀少になったり他の場所ではすでに絶滅してしまった大型鳥の抱卵場としても非常に有名で、自然を愛する人や鳥類学者のパラダイスといった趣があります。

ここでは、数あるサイクリング/ハイキングルートが、絶滅危惧種のオジロワシやフェデローのミサゴのつがい、ツルといった稀少な鳥を身近に見られる、特別なネイチャー・アドベンチャーの舞台になるのです。国立公園東部のザラーン近郊に、特別に設置された展望台からは、野生動物を詳しく観察できます。ミューリッツ農場では、1969年からスウェーデン産のフェール牛が、1980年代からはゴットランド羊が、モデルケースとして放牧されています。

国立公園管理局が定期的に開催しているガイド付きハイキングツアーは、多数のサイクリングロードと共に、人々をエクスカーションへと誘います。自転車や徒歩で回った後には、カヌーや船で水上から新たな発見をすることも可能です。その際、大型観光船の多くは、自転車を持ち込めるようになっています。変化に富んだ風景の中を進む周回コース「昔の航路」やハーフェル川でのカヌーツアーは、この地域のハイライトといえるでしょう。興味があったらアンカースハーゲンのハインリヒ・シュリーマン博物館 ─ 有名な考古学者の生涯と業績に捧げられた博物館 ─ を訪ねてみてください。この他、ヴァーレン旧市街や蒸気船クルーズもおすすめです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: