国立公園 ─ 本質的なものを味わう

これらの場所を演出しているのは自然であり、人間は感嘆したり堪能する存在に過ぎません:15の国立公園では、保護された自然が、広大な土地で何にも妨げられることなく、本来のダイナミズムを展開しています。 この結果、多彩で印象的な動植物相をもつ、原初の風景が広がっているのです。 自然本来の力を自分の目で確かめてください!

ハンブルク・ワッデン海国立公園は、ドイツ北部にあります。エルベ川河口部のクックスハーフェン付近に広がる干潟地帯 (ワッデン海) を、小さな群島と共に、1万2千ヘクタールにわたって保護するものです。

もっと

テューリンゲン州西部のハイニッヒ国立公園は、ヨーロッパブナが圧倒的多数を占める森林地帯で、かつては軍事立入禁止区域でした。今日では、 (連続したものとしては) ヨーロッパ最大の広葉混交樹林とされ、「ドイツ中央部の原生林」とも言われています。

もっと

ドイツ連邦共和国の東南部に位置するバイエルン州では、1970年にドイツ初の国立公園が設立され、1997年には現在の面積 (243平方キロメートル) まで拡張されました。

もっと

ドイツ北部、 ニーダーザクセン州 の北海沿岸部に、ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園はあります。この国立公園は、エムス川からエルベ川までのワッデン海を、沖合の東フリースラント諸島を含めて、保護するものです。

もっと

フォアポンメルン・ボッデン地域国立公園は、バルト海沿岸部で最大の保護地域です。ダルス=ツィングスト半島からリューゲン島西岸まで、切り立った岸壁や砂丘、砂州、潟等による風景が続き、海岸での休暇を好む人だけでなく、森林を愛する人をも魅了しています。

もっと

現時点ではドイツで最も新しい国立公園であり、ハイキングや休暇滞在にぴったりの場所です。素晴らしい眺望や天然の針葉樹林、深いカール湖、黒っぽい湿原が、比類のない自然体験を約束します。

もっと

“ドイツにおける緑の心臓” の中央部に位置し、エーダー湖の南側に広がるケラーヴァルト・エーダー湖国立公園は、 カッセル から30分以内の距離にあります。そして、総面積5,700ヘクタールの公園内には、中央ヨーロッパ最後のものに数えられる、完全な形の大規模広葉樹林が残っているのです。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました