The Wadden Sea
The Wadden Sea ©Nationalparkverwaltung Schleswig-Holsteinsches Wattemeer
自然風景地を選択

シュレースヴィヒ・ホルシュタイン・ワッデン海国立公園 ─ 地球上で最大の干潟地域

シュレースヴィヒ・ホルシュタイン・ワッデン海国立公園は、中央ヨーロッパ最大の国立公園です。オランダからデンマークまでの北海沿岸部に広がり、連続しているものとしては地球上で最大の干潟地帯 (ワッデン海) には、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州の3分の1が含まれます。

ドイツ最北端の連邦州シュレースヴィヒ・ホルシュタインに広がるワッデン海は、潮汐の強い影響下にあります:満潮時は海水に覆われ、干潮時には地面が現れる、世界でも珍しい土地なのです。ここでは、自然を身近に感じながら、砂丘や海岸、塩性草原からなる海岸地帯を体験できます。また、ハリヒも多数存在します:ちなみにハリヒは、本格的な堤防が築かれておらず、大潮や嵐の時に冠水してしまう、小さな島です。

一方でワッデン海には、3200種近い動物が生息しています。水際では、ヒトデやカニ、貝、虫類を目にできます。そして国立公園は、無数の渡り鳥の営巣地・休息地として、毎年たくさんの観光客を惹き付けています。ここでは秋に、様々な鳥が嵐さながらに飛来してくる、壮大な自然のスペクタクルを体験できるのです。塩性草原には、イソマツやオオウシノケグサ、プランタゴ・マリティマ (オオバコ科の植物) など、様々な植物が生えています。

6時間後に海が戻ってきて、干潟の細い水路や深い溝に再び水が満ち……干潮と満潮という自然の摂理については、経験豊富なワッデン海ガイドに説明してもらってください。海岸散歩や海水浴、干潟ハイキング、クルーズ、塩性草原での野鳥観察などの有無にかかわらず、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン・ワッデン海国立公園で過ごす休暇は、肉体的にも精神的にも効果的なリフレッシュをもたらしてくれるはずです。

この他にも、国立公園と周辺地域には、多数の見所があります:たとえば、テニングのムルティマー干潟フォーラムや鯨館、美しい町フーズム ─ とりわけ古い内陸港と博物館 ─ などです。さらに、ハリヒ・ズュートファルへの馬車の旅、フリードリヒスコーク・アザラシセンターの見学、アザラシが寝そべる砂州へのクルーズもおすすめです。国立公園内の小さな漁村に滞在できるなど、エクスカーションの可能性は広範囲にわたっています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました