ユネスコ生物圏保護区シャール湖 ─ 渡り鳥の休息地
Lake Schaalsee ©Elke Dornblut
自然風景地を選択

ユネスコ生物圏保護区シャール湖 ─ 渡り鳥の休息地

雁やツルなど渡り鳥数千羽が毎年そうしているように、ユネスコ生物圏保護区シャール湖を訪れてみてください。休息と自然体験を望む人にぴったりの場所です。

最終氷期の氷河が、シャール湖 (シャールゼー) を ─ 島や半島、湾、ヨシ原と共に ─ 形作りました。この湖は、生物圏保護区の中核的存在で、名称にもなっています。そして生物圏保護区全体が、湖と同様に、多様で変化に富んでいるのです。ここでは、森林や泥地、湿原、家畜放牧地、畝が立てられた畑、さらには牧歌的な村や絵のように美しい町を、全長150キロメートルの標識付きハイキング/サイクリングロードが通っています。湖には、40年にわたって東西ドイツ間の国境が引かれていました。1990年にはシャール湖のメクレンブルク地方側 (旧東ドイツ側) が保護され、ドイツ再統一に伴う “投げ売り” が阻止されています。それ以来、生物圏保護区は “観光空白地帯” から、自然を愛する人々に人気の休暇地域へと発展してきました。自然への配慮がなされ、今日でもワシやツル、カワウソ、カワセミなどが安心して棲める環境が保たれているのです。徒歩でも自転車でも、どんな季節でも、ユネスコ生物圏保護区の風景は、自然観察や観光、静かな休暇滞在へと誘います。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: