A flock of birds over the Wadden Sea
The Wadden Sea - a hub for migrating birds ©Birgit Fasting
自然風景地を選択

ユネスコ生物圏保護区ニーダーザクセン・ワッデン海 ─ 海底が地平線に

ユネスコ生物圏保護区ニーダーザクセン・ワッデン海は、北海の海岸線から東フリースラント諸島に至る、広大で平坦な地域です。

生物圏保護区ワッデン海では、潮汐のダイナミズムの中に、類い稀な生態系が存在します。干潮と満潮が、陸と海を交互に創り出し、多種多様な動植物に生活圏をもたらしているのです。たとえば、数千羽の鳥は「羽根を持つ雲」と化して、忘れがたい自然のスペクタクルを観光客に見せますが、その餌場となってるのが干潟と塩性草原です。そして砂州では、アザラシやハイイロアザラシが動き回ります。一方で堤防の内側には、数百年にわたって人間が築いてきた、文化的景観が広がります:この地における集落の歴史は、自然への順応プロセスを意味します。無数の高台や有効面積を拡大するための干拓地、様々な防潮施設は、この地方の文化を象徴するものであり、住民のアイデンティティの一部になっているのです。数キロメートルにも及ぶ堤防、草を食む羊の群れ、果てしなく続く風景……徒歩や自転車で見て回れば、ワッデン海が比類のない存在であることが分かります。ちなみに、この地域における “全く特別な自然体験” ワッデン海ハイキングは、生物圏保護区の関係者と行動を共にすることで、とりわけ興味深いものになります。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: