バーデン・アスパラガス街道 ─ トップレベルのグルメ体験
イフェツハイム:ライン川の夕暮れ ©DZT (Cowin_Andrew)
観光街道を選択
バーデン・アスパラガス街道

バーデン・アスパラガス街道 ─ トップレベルのグルメ体験

バーデン・アスパラガス街道は、ネーミングが内容を表しています。グルメの人なら、ここでアスパラガスの “エリート” が育っていることを、すでにご存じのはずです。この街道では ─ そして平行して走るサイクリングロードでも ─ 最初から最後まで味覚を堪能できます。アスパラガスの町シュヴェツィンゲンをスタートして、ライリンゲンやカールスルーエ、ラシュタットを経由し、シェルツハイムに至る、全長約136キロメートルのルートです。

アスパラガスは、甘いイチゴと同様に、春になるとグルメたちが今か今かと待ちわびるものです。すでに太陽王ルイ14世がアスパラガスを愛していたといわれますし、1650年頃にはプファルツ選帝侯カール・テオドールも好んで食べるようになりました。彼は、シュヴェツィンゲンの夏の離宮の、現在は宮殿庭園になっている場所に、この “王様の野菜” を栽培させたのです。ここを起点として、18世紀に入るとアスパラガスを食べる習慣が、まず宮廷料理に採り入れられ、さらには近隣諸国に広まりました。

得する情報

アスパラガスは、すでに中世の頃には、痛風に対する薬草として重宝されていました。最近では、非常に健康的で、ストレスにさらされた肉体を浄化する効果があると見なされています。“アスパラガス治療” は、とても人気の高い病気予防処置に数えられているのです。

グルメの “公示宣誓”

白アスパラガスの収穫期は、4月中旬から6月24日までです。この時期には、アスパラガス栽培農家の収穫を見学することも、自ら作業に参加することもできます。その後、街道のあちこちで賑やかなアスパラガス祭りが開催され、飲食店は新鮮なアスパラガスを用いた、美味しい料理で人々を誘います。“王様の野菜” や “棒状の春風”、“食べられる象牙” ─ 比喩も多彩ですし、グルメがアスパラガスに感じる魅力も非常に大きなものです。

アスパラガスとワイン

ホワイト、グリーン、柔らかなパープル ─ この時期のグルメ・ツアーは、アスパラガスなくして始まりませんし、合うワインが無くても同様でしょう。ここで登場するのがバーデン産のワインです。調和のとれたパートナーとして、アスパラガスとの密接な関係を誇示します。アスパラガスとワインが、これほど素敵なカップルになると、昔の人間は考えたでしょうか?アスパラガスのシーズンだけでなく、ブドウ摘みの時期も……バーデン・アスパラガス街道は、四季それぞれに様々なものを提供しています。

バーデン・アスパラガス街道

全長:約136 km

テーマ:バーデン産アスパラガス

見どころ:
ブルッフザール: バロック宮殿、欧州最大のアスパラガス市
ホッケンハイム: F1、DTM、インラインスケート・スクール
カールスルーエ: 宮殿、ミュージアム
ラシュタット: 国内最大のアスパラガス農家
ライリンゲン: アスパラガス&タバコ学習遊歩道
シュヴェツィンゲン: 宮殿、モスク

www.reilingen.de

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: