バーデン・アスパラガス街道
選択

バーデン・アスパラガス街道 – 傑出した美食の喜び

バーデン・アスパラガス街道は、ネーミング自体が内容を示しています。根っからのグルメなら、ここでアスパラガスのエリートたちが “記念碑” を打ち立てていることを、もうとっくに知っているはずです。 この街道は、アスパラガスの町シュヴェッツィンゲンをスタートして、ライリンゲンやカールスルーエ、ラシュタットを通り、シェルツハイムへと続く、ほぼ136キロメートルのルートです。

甘いイチゴと同様に、アスパラガスも、春になるとグルメたちが今か今かと待つものです。 すでに太陽王ルイ14世がアスパラガスを愛していましたし、1650年にはプファルツ選帝侯カール1世ルートヴィヒが好きになりました。 彼は、シュヴェッツィンゲンの夏の離宮の、現在は宮殿庭園になっている場所に “王様の野菜” を栽培させました。 アスパラガスを食べる習慣は、ここから侯国内に広まったのです。 アスパラガスは、すでに中世の頃には、痛風に対する薬草として重宝されていました。今日では、健康食として、ストレスにさらされた肉体を浄化する野菜として、非常に喜ばしい “病気予防処置” に数えられています。 アスパラガス体験遊歩道が設けられたライリンゲンの町も一見の価値がありますし、ブルッフザールにはヨーロッパで最も重要なアスパラガス市場があります。 4月中旬頃から6月24日にかけて、 白アスパラガスが収穫されます。 この時期観光客は、アスパラガス栽培農家の収穫作業を見学できるだけでなく、収穫に参加することも可能です。 その後、アスパラガス街道では素敵なアスパラガス祭りがいくつも開催され、飲食店は収穫したてのアスパラガスを用いた、美味しい料理で食事に招きます。 “王様の野菜” や “棒状の春風”、“食べられる象牙” – 比喩も多彩ですし、グルメがアスパラガスに感じる魅力も非常に大きなものです。 そして、忘れてはならないのがバーデン産のワインです。調和のとれた同伴者として、アスパラガスとの密接な結びつきを示すことになります。 アスパラガスのシーズンにしろ、ワインの試飲にしろ……バーデン・アスパラガス街道は、どんな季節にも様々なものを提供しています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました