ヨーロッパ・ケルト人ルート
選択

ドルイド僧、領主、戦士 ─ ヨーロッパ・ケルト人ルートをたどる魅力的な旅

2,500年前のザールラント地方は、ルクセンブルクやフランス領ロレーヌ地方、ラインラント・プファルツ地方、ベルギー領ワロニア地方と並ぶ、ヨーロッパの主要地域に数えられていました。 この地にはケルト人が住み、偉大な業績を成し遂げていたのですが、ほとんど誰にも知られていません。 ヨーロッパ・ケルト人ルートは、この謎の多い文化に関する、スリリングで歴史的な裏付けがある場所へと導きます。

偉大な魔術師だったドルイド僧は、後のケルト人社会で、宗教儀式や精神生活におけるエリート層を形成しました。彼らは聖職者であると同時に裁判官であり、知識の担い手でもあったのです。 ケルト人の鍛冶屋では、非常に鋭利な刀が研がれ、鉄から道具 ─ 今日まで形状が変わっていないような道具 ─ が作られていました。 領主たちは、強力な支配者や恐るべき戦士とみなされていました。 彼らは、ケルト文化最後の繁栄期とされる、ラ・テーヌ文化の礎を築きました。 オッツェンハウゼンには、ドイツで最も保存状態がよいケルト文化モニュメントである、環状防壁「フン族のリング」があります。2年ごとの6月には、ここで『CELTOI ─ 国際ケルト人祭り』が開催されています。 彫刻の道『Cerda & Celtoi』では、歩いてケルト人の世界に入ることができます。 芸術家たちが、全長7キロメートルの道に、ケルト人の文化や精神世界を紹介する総合芸術作品を制作したのです。アブストラクトな作品から神々を表現した高さ数メートルの作品まで、18点の彫刻が展示されています。 ブンデンバッハにある、小規模なケルト人居住地「アルトブルク」では、ケルト人の生活を身近に体験できます。 ビルケンフェルト州立博物館では、ケルト人の生活とその来世信仰について、リアルな展示を目にできますし、ヴェーデラートの考古学公園ベルギヌムは「ケルト人やローマ人は何を食べていたか?」「どのように住み、衣類はどうだったか?」「工具や武器は?」といった質問に答えを与えてくれます。これらは、忘れ去られた文化時代をめぐる、スリリングな発見ツアーにおいて、見どころのほんの数例に過ぎません。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました