ヨーロッパ・レンガゴシック街道
選択

ヨーロッパ・レンガゴシック街道 ─ 見事なレンガ建造物のシルエット

ヨーロッパ・レンガゴシック街道は、国境をまたぐ全長1,500キロメートルのルートです。ハンザ同盟の影響が大きかったバルト海沿岸地域で、レンガゴシック様式の建築遺産を結んでいます。 この街道は、デンマークとポーランド、そしてドイツを通っています。

多くの国において、レンガゴシックの建築様式はハンザ同盟 ─ バルト海沿岸の交易と生活をほぼ300年にわたって支配していた都市同盟 ─ と結びついています。 ここには、中世におけるヨーロッパ経済の中心があったのです。 ヴァイキングや騎士修道会、後の宗教改革の遺産もまた、バルト海沿岸地域の景観を特徴づけています。 ハンザ時代の富と権力の絶頂を証明するものとしては、修道院や市庁舎、市門、防壁施設、印象的な教会建築物などが、今日まで残っています。 これらの建築物は、中世における宗教・世俗権力を示す、歴史的なシンボルであり、今日なおバルト海沿岸地域の都市や町の特徴となっているのです。 特徴的な赤いレンガは、一個一個手で形作られて、焼かれたものです。 つまり、素晴らしい建築芸術作品のひとつひとつが、自らの歴史を持つ一点ものなのです。 たいていの場合、豊かな装飾が施されたファサードや堂々たる塔が、見落とされることのないランドマークとなっていますが、建設された当時これらは航海における目印でもあったのです。 この街道では、文化財である「レンガゴシック建築物」が、見事な自然や海岸・海洋風景の中にとけ込んでおり、快適性を犠牲にすることなく、徒歩や自転車、自動車で旅ができます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました